ユーザーをグループ別管理者に設定して、限定的な管理者権限を与えるにはどうしたらいいですか?

フォローする

この機能は以下の製品でご利用いただけます。

  • コンピュータ台数750台以上のSplashtop Remote Support
  • Splashtop Remote Support Premium
  • 75以上のライセンス(750台のコンピュータ)を持つSOS+10またはそれ以上
  • SOS Unlimited および SOS Enterprise
  • Splashtop Enterprise

Splashtop Remote Supportでは、アドミン権限を持つユーザーが初期値ですべてのコンピュータにリモート接続を行い、管理することができます。

クライアントに管理者の役割を持たせつつ、アクセスできるコンピュータを一部に限定したい場合があります。この機能を利用すると、クライアントは 許可されたグループに対してのみ コンピュータの追加、
コンピュータの削除、ユーザーの招待などの操作を行うことができます。

以下の手順に沿って機能を有効にしてご利用ください。

グループ別管理機能の有効化

※この機能は、750 台以上のコンピュータを持つ Splashtop Remote Supportのみが利用できます。

チームオーナーとしてWeb管理コンソール(my.splashtop.com)にログインします。
管理」⇒「設定」に移動します。「グループ管理者ロールを有効にする」にチェックを入れます。

0413a_global.png

ユーザーをグループ固有のアドミンとして設定する

管理」⇒「ユーザー」の順に選択し、アドミン権限を与えたいユーザーの横にある歯車マークをクリックします。「ロールの変更」をクリックします。

0413b_menu.png

ダイアログボックスが表示されます。

  1. アドミンを選択します。
  2. 「通常の管理者の代わりに特定グループの管理者として設定する」のチェックボックスにチェックを入れます。
  3. このユーザーに管理させたいグループのチェックボックスを選択してください。

0413c_role.png

グループ固有のアドミンを割り当てる別の方法

グループの管理者は、「グルーピング」から割り当てることもできます。

管理」⇒「グルーピング」を選択します。 管理者を設定したいグループの横にある歯車マークをクリックします。次に「グループ管理者の割り当て」をクリックします。

表示されるダイアログボックスで、このグループを管理できるユーザーを選択することができます。

0413d_group.png

グループ固有の管理者ができること

グループ固有の管理者は、標準のアドミンとまったく同じ権限を持っていますが、自分が管理しているグループのユーザーやコンピュータに対してのみ、これらの機能を実行することができます。グループ固有の管理者は、他のグループのグループ名、ユーザー、コンピュータを見ることはできません。

  • コンピュータ名の変更
  • コンピュータのメモの追加・編集
  • コンピュータの追加/削除 (大量配布パッケージの作成を含む)
  • ユーザーの招待/有効化/無効化/削除
  • アクセス権限の設定
  • 認証済みデバイスの消去
  • プレミアム機能
  • 予定されたアクセス

  • アドミンをグループ固有のアドミンに設定すると、管理範囲がチーム全体から特定のグループのみになります。
  • どのユーザーにグループ固有の管理者権限が割り当てられているかは、「管理」⇒「ユーザー」で確認できます。このようなユーザーの権限は、「アドミン(グループ)」と表示されています。ラベルにマウスオーバーすると、そのユーザーが管理しているグループのリストが表示されます。
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています