Macストリーマ用の仮想ディスプレイドライバ

フォローする

ディスプレイドライバをインストールする理由:

  1. リモート先のMac にモニターが接続されていない「ヘッドレス」の状態でリモート接続する場合

仮想ディスプレイドライバは、モニターが接続されていないMacにリモート接続する場合に必要です。「ヘッドレス」の場合、Splashtopを介してMacを制御するために仮想ディスプレイドライバをインストールする必要があります。

注意:macOS 10.13.4 以降では、ヘッドレス用の仮想ディスプレイドライバは必要ありません。

ステップ :

  1. Mac ストリーマを開きます。
  2. [設定] タブをクリックし、下にスクロールします。
  3. [ディスプレイドライバをインストール] ボタンをクリックし、手順に従って操作します。

screen_shot_2017-10-25_AT_4.57.42_PM.png

ディスプレイドライバの読み込みを承認する方法

1.ストリーマをmacOS 10.13デバイスにインストールすると、システム警告のポップアップが表示されます。

png

2.[システム環境設定]/[セキュリティ & プライバシー]/[全般] タブに移動し、オプションの [許可] ボタンをクリックします。
開発者 " Splashtop Inc. " のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました 」と表示される場合には、許可ボタンがブロックされている可能性があります。ロックを解除してから許可ボタンをクリックしてください。

読み込みをを許可するオプションは、システム拡張ブロック警告がポップアップされてから 30 分間しか使用できませんのでご注意ください。

allow.jpg

3.手順は以上となります。読み込みを許可しない場合、数分後に再度警告が表示されます。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています