複数のユーザーアカウントの 1 つでコンピュータにアクセスできますか?(Windows/Mac)

Splashtopストリーマーの認証情報と設定は、コンピュータ上のすべての Windows/Mac アカウントに
適用されます。コンピュータには、その時点でログインしているユーザーアカウントに関係なく、
リモートからアクセスできます。

セキュリティのため、コンピュータへのリモート操作を行う前に Windows/Macの認証情報の入力を
求められます
。これは、配布可能なSplashtopストリーマーのデフォルトの動作です。
このプロンプトは、リモートユーザーがコンピュータにアクセスできることを確認するためのゲートウェイとして機能します。
リモートPCがすでに「ユーザー A」のデスクトップにサインインしている状態で、リモートユーザーが
「ユーザー B」の認証情報を入力すると、コンピュータはすでに「ユーザー A」にログインしているため、「ユーザー A」のデスクトップが表示されます。

 

この行の下には古い情報があります。

 

2 つのインストールモード

標準のスプラッシュトップストリーマー(www.splashtop.comからダウンロードしたもの)は、
アカウント固有のモードでインストールされます。

配布可能な Splashtopストリーマー (配布のために my.splashtop.comからダウンロードされたもの) は、
システムワイドモードでインストールされます。

2つのモードは、コンピュータに複数のWindows/Macユーザーアカウントがある場合、動作が異なります。

(1) アカウント固有のモード

このモードでは、Splashtopストリーマーの認証情報と設定はストリーマーがセットアップされたWindow/Macアカウントに固有です。他のユーザアカウントのストリーマーは設定されていないままです。

つまり、対応するWindows/Macアカウントがログインしている場合にのみ、ストリーマーに
リモートでアクセスできます。別のWindows/Mac ユーザーアカウントがログインしている場合、
コンピュータにはリモートからアクセスできません。

これは、標準のSplashtopストリーマー(www.splashtop.comからダウンロードされたもの)
のデフォルトの動作です。

(2) システムワイドモード

Splashtopストリーマーの認証情報と設定は、コンピュータ上のすべての Windows/Mac アカウントに
適用されます。コンピュータには、その時点でログインしているユーザーアカウントに関係なく、
リモートからアクセスできます。

セキュリティ上の理由から、ユーザーは Windows/Mac の認証情報の入力を求められます。

これは、配布可能なSplashtopストリーマーのデフォルトの動作です。

背景

従来、Splashtopストリーマーの認証情報と設定は、セットアップ元の Windows/Macアカウントのみ
適用されます。この設定は、コンピュータ上のすべてのユーザーアカウントに自動的に適用される
わけではありません

たとえば、Windows コンピュータに、ユーザー A、B、C の 3 つの Windows アカウントがあるとします。
ユーザー A は Windows アカウントにログインし、Splashtop ID/パスワードをストリーマーに入力します。
そのストリーマー ID /パスワードは、ユーザー A の Windows アカウントにのみ適用されます。ユーザー B
および Cの Windows アカウントのストリーマーは設定されていないままです。

コンピュータがユーザー A のWindowsアカウントでログインすると、ユーザー Aは自分のコンピュータに
リモートで正常にアクセスできます。ただし、コンピュータがユーザー Bまたはユーザー CのWindows
アカウントでログインすると、ユーザー Aはコンピュータにリモートからアクセスできません。
コンピュータはオフラインとして表示されます。これにより、Splashtopが他のコンピュータユーザーの
アカウントにアクセスするためのバックドアとして使用されるのを防ぎます。

この動作は、どのユーザーがログインしているかに関係なく、Splashtopを管理ツールとして使用して
コンピュータをリモート管理したい場合に不便になります。管理者は、コンピュータ上の複数のユーザー
アカウントのそれぞれにSplashtopストリーマーを手動で設定する必要があります。

上記にあるように、これが配布可能なSplashtopストリーマーにシステムワイドモードを使用する理由です。
管理者は、自分のWindows/Macの管理者アカウントで、一度ストリーマーを設定する必要があります。
セキュリティは、リモートアクセスを続行する前にWindows認証情報の入力を要求することによって
維持されます。

システムワイドのモードへの移行

ストリーマーがインストールされていないコンピュータの場合

配布可能なストリーマー をインストールします。システムワイドモードで自動的に
インストールされます。

ストリーマーがすでにインストールされているコンピュータの場合

配布可能なストリーマー は、既存のストリーマーのモードを継承します。既存のストリーマーのモードが
アカウント固有のモードの場合、ストリーマーはアカウント固有のままになります。

コンピュータをアカウント固有からシステムワイドのストリーマーに移行するには

現在のストリーマーをアンインストールし、配布可能なストリーマーをインストールします。

既存のストリーマーのアンインストールと配布可能なストリーマーのインストールは、コマンドライン で実行できます。

8人中8人がこの記事が役に立ったと言っています