ヘッドレス Windows PC へのリモートセッションを確立すると、問題または黒い画面が表示される

フォローする

問題

ヘッドレス Windows コンピューターへのリモートセッションを確立しようとすると、黒い画面のみが表示されます。または、アプリウィンドウが空白または不適切に表示される、Windows の [スタート] メニューが小さな..

モニタ/ディスプレイの電源が切れている場合や、ノートパソコンの蓋が閉じている場合にも適用でき、ヘッドレスコンピュータをシミュレートします。

これは一般的なケースではなく、ほとんどの場合、問題なくヘッドレスWindowsコンピュータに接続できます。ただし、この問題が発生した場合は、以下の回避策を試してください。

 

回避策-仮想ディスプレイドライバ

まず、Splashtop Streamer v3.3.4.0 以降を実行していることを確認してください。

  • ストリーマコンピュータで、次のファイルパスに移動します。
    • C:\Program ファイル (x86)\ スプラッシュトップ\ スプラッシュトップリモート\ サーバー\ ドライバ\ LCIDisplay
  • " install_driver64.bat " (64 ビット OS の場合) または " install_driver.bat " (32 ビット OS の場合) を右クリックし、管理者として実行します。
  • コンピュータへのリモートセッションを確立します。
    • ドライバをインストールすると、リモートセッションが確立されると、SP-DSP00という名前の仮想ディスプレイが作成されます。たとえば、リモートシステムがヘッドレスの場合は、1つのディスプレイがあります。デュアルモニタシステムの場合は、3つのディスプレイがあります。
    • 新しく作成されたディスプレイは 720P の解像度です。
    • これにより、リモートシステムがヘッドレスシステムである場合のブラックスクリーンの問題が解決されます。
    • これにより、リモートシステムがヘッドレスの場合、つまり空白のウィンドウの場合、ディスプレイの問題が解決されます。
    • ドライバをアンインストールする以外に、ドライバをオン/オフするためのキー「VirtualDisplay」があります。
      • 1=オン、0=オフ。
        ( HKEY_LOCAL_MACHINE\ ソフトウェア\ Wow6432Node\ Splashtop Inc.\ Splashtop リモートサーバー)

回避策 2-ミラードライバ

まず、Splashtop ストリーマー v3.0.8.2 以降を実行していることを確認してください。

  • ストリーマ UI を開く
  • [詳細設定] タブに移動し、下にスクロールして [ミラードライバをインストール] ボタン/ [ミラー画面キャプチャ] オプションを見つけます。
  • ボタンをクリックしてインストールしてください
  • 再起動します

 

注:

ミラードライバを使用する場合は、2 つの制限があります。詳細については、 リンク をクリックしてください。

6人中0人がこの記事が役に立ったと言っています