Splashtop アプリでWake-on-LANを実行するには?(WoL)

フォローする

Splashtop Business Access*、Remote Support* 、および Splashtop Personal (以前は Splashtop 2と呼ばれていました) は、Splashtop v1.xに似たWake-on-LAN (WoL) を実行する方法を提供します。ただし、これは直感的な機能ではなく、やや複雑な設定を使用して実行されます。このトピックでは、手順について説明します。

* Business Access Solo および Remote Support Basic プランには、リモートウェイクおよびリモートリブート機能が含まれていません。

まず、以下の3つの条件が完全に満たされていることを確認していただくようお願いします。そうしないと、WoL を正常に動作させることはできません。次の点を確認してください。

  • PC BIOS は WoL をサポート しており、このオプションが有効になっています。
  • Windows または Macの設定 は正しく設定されています。
  • コンピュータはWiFi ではなくイーサネット で接続されています。
  • スリープ/電源オフ状態のコンピュータと同じネットワーク上にある、起動状態のコンピューターにStreamer 3.0.8.3 以降のバージョンがインストールされていて、ユーザーアカウントにログインしています。

現時点では、WoL機能を使用してMacコンピュータを電源オフ状態 から起動させることはできませんが、後述のようにスリープ状態から行うことは可能です。

(新機能) Windows 8 または 10 で、電源を切った状態から立ち上げられるようにするには、「高速起動機能をオンにする」を無効にする必要があります。
https://answers.microsoft.com/en-us/insider/forum/insider_wintp-insider_web/wake-on-lan-no-longer-works-after-updating-to/2c7ff657-e922-4fa2-abd1-59e126fc2ec1

I. ストリーマの設定:

スリープモードまたは休止状態のときにコンピュータに接続するには、次のものが必要です:

1.BIOS が Wake-on-LAN をサポートし、このオプションが有効になっていることを確認します。(このステップは PC のみに関係します。Mac ユーザーはこれを無視できます)。

2.コンピュータを Wake-on-LAN の準備が整うように設定します。BIOS の用語は異なる場合がありますのでご注意ください。たとえば、「Wake on LAN」、または「Onboard LAN Boot ROM」などです。

 

Windowsユーザーの場合:

  • コンピュータが電源オフ状態 (休止状態) から立ち上げるられるようにする場合は、システム BIOS で Wake-on-LAN を有効にします。
  • LAN ネットワークインタフェースアダプタを構成します ( [コントロールパネル] [デバイスマネージャ] [ネットワークアダプタ] )。

wol_setting_w7_ja.png

Mac ユーザの場合:

  • [省エネルギー] の設定で、[ネットワークアクセスのスリープ解除] オプションが選択されていることを確認します。

wake-for-network-access_ja.png

 

3. コンピュータは、 ネットワークケーブル (イーサネット) を使用してワイヤレスルータに接続する必要があります。

4. コンピュータがラップトップ (NB、Mac Book Pro、Mac Book Air など) の場合は、電源ケーブル が電源に接続されていることを確認してください。ラップトップでバッテリ 電源のみを使用している場合は、WoL 機能の使用に失敗する可能性があります。

 

II. Wake-on LAN を動作させる手順:

コンピュータをスリープモードまたは休止状態モードからスリープ解除するために必要な手順:

1. Splashtop アプリまたは Web ポータル (my.splashtop.com) でダウンロードできます。

2. コンピュータを[オン]のままにして、正常に接続してから、コンピュータをシャットダウンします (電源を切ります)。

3. 起動するコンピュータが、下の図に示す例のように、使用できないコンピュータ (灰色のコンピュータアイコン) として表示されます。

Web ポータルで、次の操作を行います:

wol1_ja.jpg

 

アプリで:

wol2_ja.jpg

 

4. 上の図のように、[編集] ボタン settings_button_ja.png をタップすると [ウェイクアップ ]または [コンピューターのスリープ解除 ] ボタンが表示されます。
5. このボタンをタップすることで、PCがコンピューターを電源オフ、スリープ、  休止状態のいずれかから起動させようとします。Mac の場合、コンピューターを スリープ 状態から起動させます。

注:

  • コンピュータがスリープ解除されていることを確認するために、[ このコンピュータのスリープ解除 ] ボタンを 1 回だけではなく数回タップする必要がある場合があります。
  • チェックツールを使用して 、設定が正しいことを確認することもできます。

  

III. Wake-on-LAN の使用タイミングと制限事項:

  • PC ─ PC が スリープ 休止 状態、または 電源オフ状態の場合、Splashtop 2/パーソナル/ビジネスでは、「Wake-on-LAN」機能を使用して「ログイン待ち」画面に起動できます。
タイプ スリープ 休止状態 電源オフ
XP v N/A v
ビスタ v v v
Win7 v v v
Win8 v v v*
win10 v v v*


* Windows 8 または 10 では、電源を切った状態から立ち上げられるようにするには、「高速起動機能をオンにする」を無効にする必要があります。
https://answers.microsoft.com/en-us/insider/forum/insider_wintp-insider_web/wake-on-lan-no-longer-works-after-updating-to/2c7ff657-e922-4fa2-abd1-59e126fc2ec1

 

  • Mac ─ Mac が スリープ状態の場合、Splashtop 2/パーソナル/ビジネスでは、(「Wake-on-LAN」機能によって)「ログイン待ち」画面で起動できます。現時点では、WoL 機能を使用して Mac コンピュータを電源オフ状態から立ち上げることはできません。
タイプ スリープ ディスプレイのスリープ 電源オフ
OS X 10.6.x v v** x
OS X 10.7.0 v* v** x
OS X 10.7.1 v* v** x
OS X 10.7.2 v* v** x
OS X 10.8.3 v* v** x

* Lion (Mountain Lion) コンピュータは、 スリープモード から 低電力スリープ解除モード (=ダークウェイクモード) で立ち上げ、「検出されたコンピュータ」リストでコンピュータをもう一度タップすると接続できます。必ず仮想ドライバ をインストールする必要があります。これはSnow Leopard コンピュータとは大きく異なります。(タブレットに表示される最初の画面に異常がある場合は、もう一度タップしてください。これは既知の問題です。)

次のファイルを編集して、ダークウェイクモード を無効にすることもできます。詳細については、Splashtopユーザーの一人である King Manuel 氏によるこの記事の下にある投稿 (2012年11月4日) を参照してください。(King Manuel 氏への感謝。)

/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist

 

** コンピュータが ディスプレイスリープ状態になると、コンピュータを起動して接続するために、通常、次の条件が必要になります:

I. タブレット/電話にリストされているコンピュータは、" 利用可能な" 状態 (カラフル) である必要があり、直接タップしてストリーマに接続することができます。

II. コンピュータをディスプレイスリープ モードから起動する前に、次の 3 点に注意してください:

a. [Mac Streamer / 設定タブ / 「ドライバのインストール]ボタンから仮想ドライバをインストールします。
b. iPad から接続する際、「システム環境設定 / ディスプレイ」の「ミラーディスプレイ」オプションにチェックを入れます。(チェックが入っていない場合のみ。 Splashtop XDisplay を使用しなければ、この手順をスキップしてください)
c.  800 x 600 の解像度ではなく、1024 x 768 またはネイティブ解像度を使用してください。

native_resolution_ja.png

 

 

4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています