Splashtop アプリでWake-on-LAN(WoL)を実行する方法

フォローする

Splashtop Business Access*、Remote Support* 、および Splashtop Personal (旧称: Splashtop 2) は、Splashtop v1.xと同様にWake-on-LAN (WoL) を実行する方法がありますが、これは直感的な機能ではなく、 やや複雑な設定をして実行します。このトピックでは、その手順をご紹介します。

* Business Access Solo および Remote Support Basic には、リモートウェイクおよびリモートリブート機能が含まれていません。

WoLを正常に動作させるには、以下の4つの条件を全て満たしている必要があります。以下をご確認ください。

  • コンピュータの BIOS がWoL をサポート しており、このオプションが有効になっていること
  • Windows または Macの設定 が正しく設定されていること
  • コンピュータはWiFi ではなくイーサネット で接続されていること
  • スリープ/電源オフ状態のコンピュータと同じネットワーク上に、Streamer 3.0.8.3 以降のバージョンがインストールされているコンピュータが起動された状態でユーザーアカウントにログインしていること

現時点では、WoL機能を使用してMacコンピュータを電源オフ状態 から起動させることはできませんが、後述のようにスリープ状態から行うことは可能です。

(新機能) Windows 8 または 10 で、電源を切った状態から立ち上げられるようにするには、「高速起動機能をオンにする」を無効にする必要があります。
https://answers.microsoft.com/en-us/insider/forum/insider_wintp-insider_web/wake-on-lan-no-longer-works-after-updating-to/2c7ff657-e922-4fa2-abd1-59e126fc2ec1

I. ストリーマーの設定:

スリープモードまたは休止状態のときにコンピュータに接続するには、次の設定をご確認ください。

1.BIOS が Wake-on-LAN をサポートし、このオプションが有効になっていることを確認します。(この手順は PC のみに関係するもので、Mac ユーザーには関係ありません)。

2.コンピュータ設定でWake-on-LANを有効に設定してください。なお、PCメーカーによりBIOS の用語が異なる場合がありますのでご注意ください。例:「Wake on LAN」「Onboard LAN Boot ROM」など。

 

Windowsユーザーの場合:

  • コンピュータが電源オフ状態 (休止状態) から起動する場合は、システム BIOS で Wake-on-LAN を有効にしてください。
  • LAN ネットワークインタフェースアダプタを選択します。 ( [コントロールパネル] [デバイスマネージャ] [ネットワークアダプタ] )。

wol_setting_w7_ja.png

Mac ユーザーの場合:

  • [省エネルギー] の設定で、[ネットワークアクセスによるスリープ解除] オプションが選択されていることを確認します。

wake-for-network-access_ja.png

 

3. ネットワークケーブル (イーサネット) を使用して無線LANルータに接続する必要があります。

4. コンピュータがノートパソコン(NB、Mac Book Pro、Mac Book Air など) の場合は、電源ケーブル が電源に接続されていることを確認してください。ノートパソコンでバッテリー 電源のみを使用している場合は、WoLを行っても失敗する可能性があります。

 

II. Wake-on LAN を動作させるための手順:

コンピュータをスリープモードまたは休止状態からスリープ解除するために必要な手順:

1. Splashtop アプリまたは Web 管理コンソール (my.splashtop.com)をひらいてください。

2. コンピュータの電源を[オン]のままにして正常に接続してから、コンピュータをシャットダウンします (電源を切ります)。

3. 下図の例のように、起動するコンピュータが使用できない状態 (灰色のコンピュータアイコン) として表示されることを確認してください。

Web 管理コンソール:

wol1_ja.jpg

 

Businessアプリ:

wol2_ja.jpg

 

4. 上の図のように、[編集] ボタン settings_button_ja.png をタップすると [ウェイクアップ ]または [コンピューターのスリープ解除 ] ボタンが表示されます。
5. このボタンをタップすることで、PCがコンピューターを電源オフ、スリープ、  休止状態のいずれかから起動させようとします。Mac の場合、コンピューターを スリープ 状態から起動させます。

注:

  • コンピュータがスリープ解除されていることを確認するために、[ このコンピュータのスリープ解除 ] ボタンを 1 回だけではなく数回タップする必要がある場合があります。
  • チェックツールを使用して 、設定が正しいことを確認することもできます。

  

III. Wake-on-LAN の使用タイミングと制限事項:

  • コンピュータ ─ コンピュータが スリープ状態 休止 状態、または 電源オフ状態の場合、Splashtop 2/Personal/Businessでは、「Wake-on-LAN」機能を使用して「ログイン待ち」画面を起動表示させることができます。
タイプ スリープ 休止 電源オフ
XP v N/A v
Vista v v v
Win7 v v v
Win8 v v v*
win10 v v v*


* Windows 8 または 10 では、電源を切った状態から立ち上げられるようにするには、「高速起動機能をオンにする」を無効にする必要があります。
https://answers.microsoft.com/en-us/insider/forum/insider_wintp-insider_web/wake-on-lan-no-longer-works-after-updating-to/2c7ff657-e922-4fa2-abd1-59e126fc2ec1

 

  • Mac ─ Mac が スリープ状態の場合、Splashtop 2/Personal/Businessでは、(「Wake-on-LAN」機能によって)「ログイン待ち」画面で起動できます。現時点では、WoL 機能を使用して Mac コンピュータを電源オフ状態から起動することはできません。
タイプ スリープ ディスプレイのスリープ 電源オフ
OS X 10.6.x v v** x
OS X 10.7.0 v* v** x
OS X 10.7.1 v* v** x
OS X 10.7.2 v* v** x
OS X 10.8.3 v* v** x

* Lion (Mountain Lion) コンピュータは、 スリープモード から 低電力スリープ解除モード (ダークウェイクモード) で立ち上げ、「検出されたコンピュータ」リストでコンピュータをもう一度タップすると接続できます。必ず仮想ドライバ をインストールする必要があります。これはSnow Leopard コンピュータとは大きく異なります。(タブレットに表示される最初の画面に異常みられる場合は、もう一度タップしてください。これは既知の問題です。)

次のファイルを編集して、ダークウェイクモード を無効にすることもできます。詳細については、Splashtopユーザーの一人である King Manuel 氏によるこの記事の下にある投稿 (2012年11月4日) を参照してください。(King Manuel 氏への感謝。)

/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist

 

** コンピュータが ディスプレイスリープ状態になると、コンピュータを起動して接続するためには、次の条件が必要になります。

I. タブレット/スマートフォンに表示されているコンピュータは、" 利用可能な" 状態 (カラフル) である必要があり、直接タップしてストリーマに接続することができます。

II. コンピュータをディスプレイスリープ モードから起動する前に、次の 3 点に注意してください:

a. [Mac Streamer > 設定タブ >「ドライバのインストール]ボタンから仮想ドライバをインストールします。
b. iPad から接続する際、「システム環境設定 / ディスプレイ」の「ミラーディスプレイ」オプションにチェックを入れます。(チェックが入っていない場合のみ。 Splashtop XDisplay を使用しなければ、この手順をスキップしてください)
c.  800 x 600 の解像度ではなく、1024 x 768 またはネイティブ解像度を使用してください。

native_resolution_ja.png

 

 

4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています