画面キャプチャオプション - Windows Streamer

フォローする

 

Splashtop Streamer v3.3.2.0 for Windows以降の設定画面で画面キャプチャオプションが利用できるようになりました。画面キャプチャオプションを変更すると、黒い画面やグラフィックのゆがみなどの問題が解決する場合があります。リモートセッション中にキャプチャオプションを変更した場合、変更を有効にするには、リモート接続を切断して再接続する必要があります。
mceclip0.png
・ソフトウェア
グラフィックのキャプチャに一般的に使用されるWindows APIです。初期値ではSoftwareの設定となっています。

ハードウェア
WindowsネイティブAPIを使用し、より優れたリソース制御とパフォーマンスを提供します。このキャプチャ方法を使用すると、CPUの使用量が少なくなり、リモートセッションでのユーザーエクスペリエンスが向上します。Windows 8以降に対応しています。

NVIDIAグラフィックス
NVIDIA
グラフィックカードを搭載しているStreamerコンピューターに利用可能な設定となっております。リモートデスクトップの使用時、特にマルチメディアでエクスペリエンスが向上します。高フレームレートとより短い遅延時間でリモートセッションを利用することができます。 この設定には、Nvidiaグラフィックスと、リモートコンピューターでサポートされているドライバーが必要です。

Mirror driver
ミラードライバーがインストールされると、Splashtop Streamerは別の方法で画面をキャプチャします。これにより、Windowsサーバーでの画面の更新が遅くなり、CPU使用率が高くなる問題、およびその他のいくつかの問題が解決されます。

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています