MacOS 10.15 Catalinaで追加された、Mac Streamer および Mac ビジネスアプリケーションのためのアクセシビリティ要件

フォローする

Appleは2019年10月7日にmacOS 10.15 Catalinaをリリースした。この新しいリリースでは、より厳格なセキュリティ要件があり、アプリケーションが制御できるようにするための明示的な権限が必要です。

Mac Streamer v3.3.2.0 の場合、Splashtop ソフトウェアでリモートアクセスを提供できるように設定する必要がある追加のアクセシビリティ設定は次のとおりです。

リモート接続を正常に機能させるために、 「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」 の4つのオプションを有効にする必要があります。これらのセキュリティ設定は、リモート接続中に変更することができないため、リモートセッションを確立する前に、ローカルで変更する必要があります。

また、すでにチェックされている場合は、チェックを外して再度チェックしてください。ユーザーは、以前に動作していなかった場合、このアクションによってアクセス許可をリセットするよう求めることが報告されています。

 Catalina1.jpg

  1. アクセシビリティ ( 制御 に影響します) — macOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalinaを使用してリモート接続を行う場合はチェックを入れる必要があります。OS のアップグレードの場合、既に10.14 でオプションをオンにしている場合は、10.15 で再度設定する必要はありません。10.15 の新しいStreamerをインストールする場合は、リモートコントロールを有効にするためにこの設定をチェックする必要があります。
    • Catalinaへのアップグレード前に、Mojaveでこの設定を行った場合、Splashtop Streamerのアクセシビリティ設定を削除(-)してから、再度追加(+)して確認しなければならない場合があります。
  2. フルディスクアクセス ( ファイル転送 に影響します)–このオプションはmacOS 10.14 Mojaveでも使用出来ますが、チェックする必要はありません。10.15でファイル転送を使用するには、チェックする必要があります。チェックされていない場合、リモート先のMacのファイル/フォルダーは、ファイル転送ウィンドウに表示されません。
  3. 画面収録 ( リモート接続 に影響します)–このオプションはmacOS 10.14 Mojaveでは使用出来ません。10.15でリモート接続を行うためにはチェックする必要があります。チェックされていない場合、リモートセッションを確立できず、Streamerコンピュータにポップアップで表示されます(リモートでの構成はできません)。 
    Catalina2.jpg
  4. マイク ( サウンドストリーム に影響) — このオプションは macOS 10.14 Mojave で利用でき、リモート接続でサウンドをストリーミングするにはチェックする必要があります。これは 10.15 でも同じです。ただし、Soundflowerは10.15では動作しません。Soundflowerを使用している場合はマイクをチェックしてもサウンドをストリーミングできません。

すべての MacOSのバージョンでは、ログイン前の状態でコンピュータに接続しているリモートセッション (ログインしているユーザーアカウントがない場合) は、リモートセッションでオーディオを送信できません。この問題を修正するには、コンピュータ上のユーザーアカウントにログインし、Splashtop リモートセッションを切断しますが、ユーザーアカウントからログアウトしないでください。その後、再接続すると、音声が聞こえます。

2 番目の注意: これらの設定のほとんどは、許可されているユーザーアカウントにのみ適用されます。デバイス上に複数のユーザーアカウントがある場合は、それぞれに権限を付与する必要があります。

3 番目の注意: Mac Streamer v3.3.4.0 および macOS 10.15 Catalina において、Mac ログイン画面でリモート接続が動作しない問題について、当社チームがバージョン v3.3.6.0 をリリースし、解決されています。

Mac ストリーマー v3.3.4.0 以降では、上記と同じ設定が必要です。さらに:

  • Mac Streamer v3.3.4.0では、新しいインストール時にヘルパーがあり、これらの4つのオプションをチェックするようにユーザーをガイドします。このヘルパーはアップグレードケースではポップアップしません(3.3.4.0ストリーマUIにヘルパーを手動で開くためのバッジボタンがあります)。
    Catalina3.jpg
  • SoundflowerはmacOS 10.15 Catalinaでオーディオストリーミングを提供するように機能します。
  • リモートアクセスは、ログイン画面でmacOS 10.15 Catalinaに接続できます。

 

Mac Business アプリケーションの場合(v3.3.2.0を使用した回避策、v3.3.4.0を使用して改善)

システム設定/セキュリティとプライバシー/プライバシー

  1. ファイルとフォルダー(フルディスクアクセスではない場合)( ファイル転送 に影響します)–このオプションはmacOS 10.14 Mojaveでは使用出来ません。10.15では、ファイル転送のためにチェックする必要があります。チェックされていない場合、ローカルコンピュータ上のすべてのフォルダ/ファイルにアクセスする際に、システム設定の構成を要求するポップアップが表示されます。
  • v3.3.4.0では、インストール時にヘルプがあるため、アクセシビリティオプションを確認できます。
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています