Splashtopチーム設定

Splashtop チーム設定の内容を記載しています。
※チーム設定は、オーナー、ポリシー設定の変更を許可された
スーパーアドミンのみ変更可能です。

全般

チーム名

これはユーザーがチームに招待されたときに表示されるSplashtopチームの名前です。オーナー・ポリシー設定や管理を許可されたスーパアドミンのみ変更できます。

現在のプラン

現在ご契約いただいているチームを表示しています。(アクティブまたは非アクティブな
サブスクリプション)

コンピュータ(Remote SupportおよびEnterpriseで利用可能)

チーム内でストリーマーがすでに設定済みのコンピュータの数を表示します。

ユーザー(Splashtop Business/Pro/Performanceで利用可能)

これは、チーム内の有効なユーザー数と合計ユーザー数です。チームのオーナーのみ変更できます。

技術者( SOS および SOS+で利用可能)

これは、チーム内の有効な技術者と合計技術者の数です。チームのオーナーのみ変更できます。

機能構成

機能の使用状況、メンバーの表示オプション、セキュリティプロトコルなどチームの様々な設定をトグルで
設定できます。「トグルをオン」(青/色付き)することで、チーム全体で設定を有効/無効にします。
チームメンバーだけでなく、チームのオーナーとアドミンも含みます

 

Enterprise

詳細設定でスーパーアドミンとアドミンはオーナーと同じように、これらの設定をトグルで切り替えることができます。

ユーザー設定

Business

「アドミン」がアクセスできるオプションを「メンバー」に対して有効にするかどうか
トグルで設定できます。

SOS

他の技術者がリモートアクセスセッションを表示および管理することを有効にするかどうか
トグルで設定できます。

OOBE手順(Splashtop Business/Pro/Performanceのみ利用可能)

OOBE命令を利用してメンバーが通常ストリーマーか大量配布ストリーマーをダウンロードできるようにするかどうかを選択します。詳細については、 こちらの記事をご確認ください。

通知

通知メールを受信する機能を設定します。例えば、ユーザーがチームへの招待を受け入れた時、コンピュータがアカウントに追加された時、ユーザーがチームを離れた時などの設定変更時にメールを受信します。

セキュリティ

2 段階認証

メンバーまたはアドミンに2段階認証の使用を強制するかどうか、ユーザーがログインしたデバイスを信頼できるようにするかどうか、2段階認証がオンになっている場合にデバイス認証を無効にするかどうかを設定できます。

デバイス認証

初めて使用するデバイスやブラウザでログインすると、認証メールが送信されます。
続けるには、認証をクリックしてください。(ユーザーが2段階認証を有効にしている場合、
この機能は自動的にオフになります。)

ブラウザとアプリケーションのタイムアウト

ユーザーが一定時間アイドル状態になったときに、Web管理コンソールからユーザーをログアウトできます。時間は、「なし」、「15 分」、「1 時間」、「8 時間」、「24 時間」から選択できます。
注: 次回のログイン時から設定は有効になります。

セッションセキュリティ

これらのセキュリティ設定により、ユーザーは各デバイスで一度入力した Windows / Macの認証情報
セキュリティコードを保存することができます。

その他

リモートPCのログインユーザーにユーザー名を表示したり、 通知メールを設定する画面です

サードパーティ統合 (Enterprise、SOSのみ利用可能)

サードパーティ統合用の API キーを設定できます。SplashtopはServiceNow、 Zendesk、 FreshserviceFreshdesk  、 Jiraと統合されています。Splashtop SOSを使用することで技術者はユーザーのリモートサポートも簡単にできます。詳細については、こちらの記事をご確認ください。

シングルサインオン (Enterpriseのみ利用可能)

シングルサインオン(SSO)統合により、ユーザーは一元化されたSSOユーザーIDとパスワードを使用して Splashtop アカウントを認証できます。「新しいSSOメソッドを申請する」をクリックして開始できます。

SCIM プロビジョニングトークンEnterpriseのみ利用可能)

この設定では、ユーザー / グループが ID プロバイダーからのプロビジョニングを行うことができます。現在は SCIM プロビジョニングをサポートしています。また、シークレットトークンは、IdP ポータルで構成する必要があります。詳細についてはこちらをご参照ください。

予定されたアクセスEnterprise、SOS+(Remote Support/Unattended portion)、Remote Supportのみ
利用可能

この設定により、チームのオーナーとポリシー設定や管理を許可されたスーパーアドミンは予定された
アクセスのタイムゾーンを選択できます。スケジュールが設定されている場合、タイムゾーンは変更
できないことに注意してください。また、トグルを有効にすることで、メンバーはオーナーや
ポリシー設定を許可されたスーパーアドミンと同じように予定されたアクセスの機能を利用できます。

 

Splashtop Business Proのチーム設定

Splashtop_Business_Access1_ja.pngSplashtop_Business_Access2_ja.pngSplashtop_Business_Access3_ja.pngSplashtop_Business_Access4_ja.png

Splashtop SOSのチーム設定

Splashtop_SOS1_ja.pngSplashtop_SOS2_ja.pngSplashtop_SOS3_ja.pngSplashtop_SOS4_ja.pngSplashtop_SOS5_ja.png

Splashtop Remote Supportのチーム設定

Splashtop_Remote1_ja.pngSplashtop_Remote2_ja.pngSplashtop_Remote3_ja.pngSplashtop_Remote4_ja.png

Splashtop Enterpriseのチーム設定

Splashtop_Enterprise1_ja.pngSplashtop_Enterprise2_ja.pngSplashtop_Enterprise3_ja.pngSplashtop_Enterprise4_ja.pngSplashtop_Enterprise5_ja.pngSplashtop_Enterprise6_ja.pngSplashtop_Enterprise7_ja.png

false
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています