Splashtopチーム設定

フォローする

Splashtop チーム設定の確認
※変更は、オーナー権限のみ可能です。

チーム名

Splashtopチーム名です。

コンピュータ(SRS、SOS、Enterprise で利用可能)

チーム内で展開されているコンピュータの数を表示します。

ユーザー(SBAで利用可能)

契約数とチーム内リモート機能有効者数の確認ができます。

管理

管理機能の各設定を制御します。説明が動画でご覧いただけます。
参考リンク:https://youtu.be/rdcJGg6HdY4 

通知

各ステータス変更時に設定した[チームのオーナー/すべての管理者(オーナーを含む)/招待]に、通知メールを送信することができます。

2 段階検証

2段階認証を使用するかどうかを制御します。

デバイス/ブラウザ認証

初めてのデバイスやブラウザでログインすると、認証メールが送信されます。続けるには、認証をクリックしてください。(ユーザーが2段階認証を有効にしている場合、この機能は自動的にオフになります。)

ブラウザのタイムアウト

パソコンがアイドル状態の時にユーザーをWebコンソールからログアウトする時間の設定ができます。

OOBE命令(SBAでのみ利用可能)

OOBE命令を利用すると、メンバー権限を持つユーザーが管理コンソールでStreamerのダウンロードをする際、通常streamerか配布streamerをオーナーが選択することができます。※この設定は、メンバー権限のみの対象です。

サードパーティとの統合 (Enterprise および SOS+ でのみ利用可能)

サードパーティとの統合に使用する API キーを設定できます。Splashtop では、ServiceNowZendeskFreshservice、Freshdesk Jiraと統合できます。Splashtop SOS を使用することで、IT チームによるユーザーのリモートサポートも簡単に行うことができます。詳細情報はこちらをご覧ください。

シングルサインオン (Enterpriseのみ利用可能)

シングルサインオン (SSO) を統合することで、ユーザーは一元管理された SSO ユーザー ID とパスワードを使用して Splashtop アカウントの認証ができます。「新しい SSO メソッドを申請する」をクリックして開始できます。

SCIM プロビジョニングトークン (Enterprise のみ利用可能)

この設定では、ユーザー / グループが ID プロバイダーからのプロビジョニングを行うことができます。現在は SCIM プロビジョニングをサポートしています。また、シークレットトークンは、IdP ポータルで構成する必要があります。詳細についてはこちらをご参照ください。

アクセススケジュール (Enterprise のみ利用可能)

この設定では、チームのオーナーが正しいアクセススケジュールのタイムゾーンを選択できます。なお、スケジュールを設定しているときは、タイムゾーンを変更できませんのでご注意ください。アクセススケジュールの詳細は、こちらからご覧いただけます

Splashtop Business Access のチーム設定

SBASettings_ja.png

 

 

 

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています