詳細設定

詳細設定 ではチーム内の機能をより詳細にコントロールし、特定の機能を特定のユーザーやユーザーグループに制限することができます。

利用条件:

詳細:

  • Splashtop Enterpriseは詳細設定からチーム内のどのユーザーが有人アクセス(SOS)、ファイル転送、
    コピー&ペースト、2段階認証の強制、リモートプリント、1 対多のスクリプト機能を使用できるかを
    指定できるようになりました。
    • ※有人アクセス(SOS)および 1 対多のスクリプト機能は、Enterprise技術者ライセンスご契約の方が
      ご利用いただける機能です。

デフォルト詳細設定

  • オーナーは、「管理」⇒「設定」「デフォルト詳細設定」で、権限ごとに初期設定で利用可能な機能を設定することができます。これにより、ユーザーがチームに招待されたときのSOS機能の利用可否が決まります(つまり、デフォルト詳細設定で、SOS欄にあるアドミンとメンバーにチェックが入っていれば、チームに初めて参加したときにデフォルトでSOS機能が与えられます)。
  • アドミン構成可能: このオプションを選択すると、アドミンに、特定の機能に対するメンバーのポリシーを設定する権限が与えられます。

GranularControl1_ja.PNG

 

「ユーザー」タブの「詳細設定」

  • 「管理」⇒「ユーザー」では、グループごとに「詳細設定」を設定することもできます。グループ名の右側にある歯車アイコン⇒「詳細設定」の順にクリックします。

    user_granular_ja.png
  • ユーザーごとに設定するには、ユーザー名の横にある歯車アイコン⇒「詳細設定」の順にクリックしてください。
    granular-icons_ja.PNG

    GranularControl2_ja.PNG
  • オン:選択した機能を利用することができます。
  • オフ: 選択した機能を利用することができません。
  • グループ設定:このオプションを選択すると、グループの詳細設定ができます。グループの詳細設定を行うには、グループ名の横にある歯車アイコン⇒「詳細設定」の順にクリックしてください。
    • グループ設定を調整する際には、グループ全体設定のオン/オフ、またはチームのデフォルト詳細設定に従うように設定することができます。
  • チーム設定: このオプションを選択すると、「管理」項目⇒「設定」の下の「 デフォルト詳細設定」に従います。
    granular-control-dropdown_ja.PNG

 

2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています