Mac OSでのSplashtop SOSの権限設定

Apple は 2019年10月7日にMacOS 10.15 Catalinaをリリースしました。この新しいリリースでは、
Splashtopアプリケーションを制御し、適切に動作させるために明示的な許可を必要とする、より厳しい
セキュリティ要件があります。Ventura MacOS 13までのAppleのオペレーティングシステムでも同様です。

設定の説明動画

 

詳細は、以下の手順をご確認ください。

1. sos.dmgをダウンロードして開いたら、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」に各権限を
追加する必要があります。 ガイド付きウインドウは、各セクションを開くのに役立ちます。 
OK」⇒ 「許可」をクリックし、ガイドに従ってください。

2. 次に「アクセシビリティ」 で、 「+」 記号をクリックしてSOSアプリを追加するか、すでにある場合は Splashtop SOSをオンにします。システムパスワードを入力し、「設定の変更」をクリックします。

3. 残りの権限についても同じ処理を行います:

  • 画面収録 (リモートセッションで MacOSデバイスの画面を表示するには、許可が必要です)
  • フルディスクアクセス (ファイル転送やファイルのドラッグ&ドロップなどの機能を動作させるには許可が必要です)
  • マイク (音声通話を使用するには許可が必要です)

 

4.その後、3つの緑色のチェックマークが付いた設定完了のウインドウが表示されます。
技術者は、Macを制御できるようになりました。

 

 

 

 

 

11人中7人がこの記事が役に立ったと言っています