Jamf Proを使用した配布

対象ユーザー

このガイドは、Splashtop Businessを配布している組織のJamf Pro管理者向けに作成されました。

スコープ

ここでは、Jamf Pro を使用して MacOSでの Splashtop ストリーマー を配布および設定する手順について
説明します。Splashtop Businessアプリ も必要です。

前提条件

  • Jamf Pro
  • Splashtop Businessアカウント
  • Splashtopのダウンロード
  • ネットワークへの接続

配布の手順

Jamf Pro 管理者は、Splashtopを正しくパッケージ化し、パッケージを配布するためのコンピュータポリシーを作成し、インストールスクリプトを開始するコマンドを実行する必要があります。

Splashtopの配布可能なPKGの準備

デフォルトのSplashtopインストーラ DMG は、Jamf Proで配布可能な形式にパッケージ化する必要があります。これは、Jamf Composerツールを使用して実行できます。

  1. 次の2つのファイルをダウンロードしてください。 Splashtop installer .dmg
    deploy_splashtop_streamer.sh
  2. Jamf Composerを実行しているPC上の /private/tmp ディレクトリに移動します。 
    このディレクトリ内の、1つの単語を含む新しいフォルダを作成し、 Splashtopファイルを検索しやすい名前を付けてください(例:フォルダ名「ストリーマー」など)。

    Screen_Shot_2020-09-29_at_10.13.35_AM_ja.png
  3. 先ほどダウンロードした2つのファイル、 Splashtop installer .dmgdeploy_splashtop_streamer.sh を作成したフォルダーにドラッグ&ドロップします。
    Finder_Streamer_ja.png
  4. Jamf Composerを開き、プロンプトが表示されたらログインします。(パッケージの作成にどの方法を使用するか尋ねる画面が開いた場合は、「キャンセル」をクリックしてください。代わりにドラッグ&ドロップ方法が使用されます。)
  5. このフォルダをComposerのサイドバーの「Sources」にドラッグ&ドロップすると、1つのsourceとして表示されます。Screen_Shot_2020-08-07_at_11.20.59_AM_ja.png
  6. 次に、作成したストリーマーフォルダと一致するようにストリーマーの所有権と権限を調整します。中央の画面でストリーマーフォルダを選択し、歯車マークを使用して「ストリーマーとすべての囲まれた項目に権限を適用」を選択します。
    Composer_ja.png
  7. 「Build as PKG」をクリックして、新しいパッケージを保存する場所を選択します。
PKGをJamf Proにアップロード

配布可能なPKGをコンピュータポリシーで使用できるようにするにはJamf Proに移動する必要があります。JAMF Pro参照ドキュメントはこちらをご確認ください。

  1. Jamf Proにログインします。
  2. ページの右上隅にある「 設定」をクリックします。
    Dashboard_ja.png
  3. 「コンピュータ管理」セクションで「 パッケージ」をクリックします。
    Packages_ja.png
  4. 「 新規」をクリックします。
    New_ja.png
  5. 「General」パネルを使用して、表示名やカテゴリなど、パッケージの基本設定を構成します。
    ※ パッケージをカテゴリに追加しない場合、Jamfアドミン画面では不明カテゴリに青いテキストで表示されます。
  6. ファイルを選択」をクリックします。
  7. PKGファイルを保存したフォルダに移動します。
  8. ファイルを選択し、「アップロード用に選択」をクリックします。
  9. 「オプション」タブをクリックし、優先度などパッケージの追加設定を構成します。優先度の高いパッケージが最初にインストールされます。パッケージの優先度のデフォルトは「10」です。優先度が「1」のパッケージは、他のパッケージよりも先に配布またはアンインストールされます。同じ優先度の複数のパッケージは、パッケージ名に基づいてアルファベット順にインストールされます。
    Packages-settings_ja.jpg
  10. 「保存」をクリックします。
コンピュータポリシーを作成する

配布可能なパッケージをコンピュータポリシーで使用できるようにするには、Jamf Proに移動します。

  1. ページの上部にある 「コンピューター 」をクリックします。
  2. 「 ポリシー」をクリックします。
  3. 「 新規」をクリックします。
  4. 一般ペイロードを使用して、トリガーや実行頻度など、ポリシーの基本設定を構成します。以下に例を記載しています。
    1. 表示名: Deploy Splashtop
    2. 有効:チェックボックスを選択します
    3. カテゴリ: オプション
    4. トリガー: 定期的なチェックイン
    5. 実行頻度: コンピュータごとに 1 回Policy-general_ja.jpg
  5. 「パッケージ」 タブを使用して配布可能な Splashtop PKGを選択します。
    1. 構成」をクリックします。
    2. Splashtop PKGを見つけて、「追加」をクリックします。
    3. 「インストール」が選択されていることを確認し、「保存」をクリックします。
      save_policy_ja.jpg
    4. 残りのペイロードを使用して、実行するタスクを設定します。各ペイロードの概要については、「 ポリシーペイロードリファレンス」をご確認ください。
  6. ファイルとプロセス」タブを使用して、インストールスクリプトをトリガーするコマンドを実行します。
    1. 構成」をクリックします。
    2. 「コマンドの実行」で、以下を貼り付けます。                                                                                 
      sudo sh /private/tmp/FOLDERNAME/deploy_splashtop_streamer.sh -i "/private/tmp/FOLDERNAME/Splashtop_Streamer_Mac_DEPLOY_INSTALLER_v3.4.4.0.dmg" -d XXXXXX -w 0 -s 0                                                                                                      
      または2つのコマンド:                                                                                                                               
      cd /private/tmp/FOLDERNAME
      ./deploy_splashtop_streamer.sh -i "./Splashtop_Streamer_Mac_DEPLOY_INSTALLER_v3.4.0.0.dmg" -d XXXXXX -w 0 -s 0          
      備考:
      FOLDERNAME を前に作成したフォルダー名に置き換えます。
      XXXXXX を実際の配布コードに置き換えます。
      "Splashtop_Streamer_Mac_DEPLOY_INSTALLER_v3.4.4.0.dmg" を適切なインストーラー .dmgとバージョン番号に置き換えます。

    3. 保存」をクリックします。
      Files_and_Processes_ja.jpg
  7. 「スコープ」タブをクリックし、ポリシーのスコープを構成して、インストールするコンピュータを選択します。これをすべてのコンピュータにインストールする場合は、ドロップダウンから「すべてのコンピュータ」を選択できます。
    policy-scope_ja.jpg
  8. 「保存」をクリックします。

 

承認されたカーネル拡張機能の構成プロファイルの作成


Jamf は画面録画マイクを許可することをセキュリティとプライバシー設定内で自動化できませんこれはユーザーが手動で許可する必要があります。これらの権限を手動で有効にするには、こちらのガイドをご確認ください。:
MacOS 10.15 Catalina/11 Big Sur、Mac Streamer および Mac Businessアプリの追加セキュリティおよびプライバシー要件
以下の
ガイドは、アクセシビリティフルディスクアクセスの権限を自動化することのみを目的としています。

ストリーマーv3.4.4.0 以降では、カーネル拡張機能のプロファイルを作成する必要はなく (ここでのカーネル拡張機能は 一般のカーネル拡張機能ではなくカーネル拡張機能の設定を指しています)、この部分はスキップできます。 
Jamf参考記事: カーネル拡張機能セーフリスト

  1. ページの上部にある 「コンピューター 」をクリックします。
  2. 「 構成プロファイル」をクリックします。
  3. 「 新規」をクリックします。
  4. プロファイルの表示名を設定します (例:Splashtop Streamer PPPCおよびカーネル拡張)
    オプション: カテゴリを設定します(例:セキュリティと制限)
  5. 左側にある「プライバシー環境設定ポリシーコントロール」をクリックします。
  6. 「設定」をクリックします。
  7. 識別子の設定: com.splashtop.Splashtop-Streamer
  8. 設定コード要件:
    identifier "com.splashtop.Splashtop-Streamer" and anchor apple generic and certificate 1[field.1.2.840.113635.100.6.2.6] /* exists */ and certificate leaf[field.1.2.840.113635.100.6.1.13]/* exists */ and certificate leaf[subject.OU] = CPQQ3AW49Y
  9. 追加」をクリックします。
  10. 「アプリまたはサービス」のドロップダウン内の SystemPolicyAllFilesを選択します。
  11. 保存」をクリックします。
  12. 追加」をクリックします。
  13. 「アプリまたはサービス」で、ドロップダウン内の 「アクセシビリティ」を選択します。
  14. 保存」をクリックします。
    Privacy_policy_control_ja.jpg
  15. 左側の承認されたカーネル機能拡張をクリックします。
  16. 「設定」をクリックします。
  17. 表示名を設定:Splashtop Streamer
  18. チームIDを設定します: CPQQ3AW49Ykext_ja.png
  19. スコープ タブをクリックし、ポリシーのスコープを構成して、インストールするコンピュータを選択します。これをすべてのコンピュータにインストールする場合は、ドロップダウンから「すべてのコンピューター」を選択できます。
    Kernel_Scope_ja.jpg
  20. 「保存」をクリックします。
13人中5人がこの記事が役に立ったと言っています