仮想マシンでSplashtopを使用するためのベストプラクティス

仮想マシン上でSplashtopを実行するのは、仮想マシンを物理コンピュータ上で操作するのと同様の効果を得ることができます。

仮想環境にストリーマーをインストールする場合の注意点を以下に記載しています。

 

ストリーマーのインストール

ストリーマーがコンピュータにインストールされると、ストリーマーの一意の識別子 (UUID) が生成されます。この UUID は、Splashtop コンピュータを区別するために使用されます。 

ストリーマーが既にインストールされているコンピュータ(ベースイメージからスピンアップされた仮想マシンなど)で、コンピュータのクローンを作成、またはイメージ化すると競合が発生しストリーマーが他のストリーマーよりも優先されたり、名前が変更されたりされるなどの問題が発生する場合があります。

詳細は、次の記事をご確認ください。
ストリーマがプリインストールされたコンピュータと VM のクローンを作成するとどうなりますか?

VMにストリーマーインストールするためのベストプラクティスは、次のいずれかの方法です。

  1. マスターイメージにストリーマーを含めないでください。
    コンピュータのクローンが作成されたらストリーマーを手動でインストールするか、
    サイレントインストールパラメータを持つサードパーティの一括展開ツールを使用してインストールすることもできます。
  2. マスターイメージにストリーマーを含める場合は、以下のコマンドを実行または展開して、クローン作成後に新しいコンピュータごとに新しい一意の識別子を生成します。
    • Windows: start st-streamer://com.splashtop.streamer?resetuuid=1 
    • Mac:open st-streamer://com.splashtop.streamer?resetuuid=1 
    • Linux: splashtop-streamer config -resetuuid

リモートセッション中に音声を取得するにはどうすればよいですか?

リモートセッションは、リモートコンピュータにオーディオドライバ / 出力デバイスがある場合にのみ、
オーディオをリダイレクトできます。通常、仮想マシンには、
既定ではオーディオがないため、最初はリモートセッション経由でオーディオをリダイレクトできない場合があります。

VMWare、Windows RDPなどの他のソリューションでは、この問題を解決するために、セッション用の仮想オーディオドライバをインストールします。 Splashtopセッション中にオーディオを使用するには、Web上で見つけることができる仮想オーディオドライバをインストールしてください(フリーウェア、ドネーションウェアなどの種類があります)。

4人中1人がこの記事が役に立ったと言っています