TLS 1.2ブラウザの互換性

フォローする

my.splashtop.com/にログインすると「Splashtop Web 管理コンソールは 2021 年末までに TLS 1.2 に準拠していないブラウザのサポートを終了します」というメッセージが表示されます。(下記の画像参照)

PCP_TLS_en-us.png.PNG

TLS1.2に対応していないブラウザや、ブラウザがTLSの古いバージョンのみをサポートしている場合ユーザーはWeb管理コンソール(my.splashtop.com/)へのアクセスができなくなり、ユーザーや
コンピュータなどを管理するためのWebポータルにログインできなくなる可能性があります。

ブラウザがTLS 1.2をサポートしていない場合、ユーザーはブラウザをアップグレードするか、
サポートされているバージョンのブラウザに置き換えることができます。

ただし、Businessアプリからストリーマーへの接続には影響がありません。

お使いのブラウザは、TLS1.2に対応していますか?

TLS 1.2 に対応しているブラウザのバージョンについては、以下をご確認ください。

ブラウザ TLS 1.2 対応
(デフォルトでは、
有効でありません。)
デフォルトで有効
Internet Explorer バージョン8 バージョン11*
Microsoft Edge   すべてのバージョン
Google Chrome バージョン29 バージョン29
Mozilla Firefox バージョン23 バージョン27
Safari バージョン7

バージョン7*


*Microsoftは、アプリとサービス全体でInternet Explorer11のサポートを終了しました。

Microsoft の発表を受けて、Splashtopも2021年末までにWeb 管理コンソールでのInternet Explorerのサポートを終了します。サポート終了に伴い、SplashtopではInternet Explorer上で報告されたバグのテストや修正を行わないため、Splashtop の Web サイトではサービスの一部しか利用できない可能性があります。

*Internet Explorer 12未満のSafari版の場合、技術的な問題のため、Splashtopのウェブサイトとサービスのサポートは保証されません。

古いブラウザでTLSプロトコルを有効にする方法

古いブラウザをお使いの場合、以下の手順でブラウザのTLS 1.2プロトコルを有効にする必要があります。

Microsoft Internet Explorer

  1. Internet Explorerを開きます。
  2. メニューバーで、「ツール」⇒「インターネットオプション」 ⇒「詳細設定」をクリックします。
  3. セキュリティ」項目までスクロールし、「TLS 1.2の使用」のオプションボックスにチェックを
    入れます。
  4. OK」をクリックします。
  5. ブラウザを閉じて、Internet Explorerを再起動します。

 

Google Chrome

GoogleChromeを経由する場合、自動的に最高グレードで接続されます。

バージョン29以降のGoogleChrome使用している場合、TLS1.2は自動的に有効になります

 

Mozilla Firefox

  1. Mozilla Firefoxを開きます。
  2. アドレスバーに「about:config」と入力し、「Enter 」を押します。
  3. 検索バーに「tls」と入力し、「Enter 」を押します。
    security.tls.version.max」の項目をダブルクリックします。
  4. 整数値を「3」に設定して、TLS 1.3のプロトコルを強制的に適用します。
  5. OK」をクリックします。
  6. ブラウザを閉じて、Mozilla Firefoxを再起動します。
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています