Splashtopの概要

Splashtopは簡単な方法でコンピュータへのリモートアクセスやリモートサポートができます。

リモートで使用してもまるでリモート先のコンピュータの前にいるのと同じように作業できます。シンプルなフローとインターフェイスにより、技術的に知識のないユーザーでも簡単に使用することができます。

Splashtop Personal (Splashtopパーソナル緑色のアプリアイコン)は、家庭や個人的な使用を目的としています。

Splashtop Business Access  は、ビジネスや専門的な用途に不可欠な機能を提供しています。
こちらの機能については以下をご確認ください。

Splashtop Businessはリモートアクセス用で、ユーザーごとに料金が設定されています。

Splashtop Remote Support は、リモートサポート用で、コンピュータの数に基づいて価格が設定されています。

この 2 つの詳細については、 www.splashtop.com をご確認ください。 また、主な違いについては こちらの記事 を参照してください。

Splashtop SOS (Splashtop Business の紫のアプリ)を使用することで、オンデマンド・アドホックなサポートをユーザーに提供できます。ユーザーは、sos.splashtop.com から9桁のセッションコードを画面に表示する
プログラムをダウンロードして実行します。セッションコードを入力するだけで、ユーザーのコンピュータに接続することができます。サポート終了後はプログラムを終了し、コンピュータから削除できます。
Splashtop SOS には次のような機能が含まれています。

  • セッションコードを使用し有人アクセスする - 9桁のコードを使用してユーザーのコンピュータにリモート接続します。
  • iOS および Android デバイスの有人サポート - ユーザーのモバイルデバイスにリモート接続します。
  • 2人の技術者でサポートセッション可能 -複数の技術者がクライアントに対してより多くのサポートを
    提供できます。
  • Webリンクで画面を共有 -クライアントのデバイスに表示されているものをリアルタイムで確認できます。
  • セッション録画 -SOS セッションを録画し、多目的に利用できます。
  • その他の機能こちらをご確認ください。

Splashtop Remote Support はデバイスへのアクセスを可能にし、どこからでも利用できるようにします。
セッションコードを必要とせずに、ダッシュボードの表示、自動化、安全なリモートアクセスにより ITを
簡素化し、運用をサポートします。Splashtop Remote Support には、次のような機能が含まれています。

  • 広範囲のプラットフォームサポートとあらゆるデバイスからのアクセス - すべての Windows
    ワークステーション、 Windowsサーバー、Mac、Linuxエンドポイントにアクセスして
    コントロールできます。
  • Androidでの無人アクセス  -Android デバイスへのアクセスをリモートでサポートします。
  • ユーザーのアクセス管理とコンピュータのグルーピング -指定されたチームロールを持つユーザーを
    招待できます。
    ユーザーやエンドポイントをグループ化して、より効果的に管理できます。
  • 簡単な大量配布 - カスタマイズされた大量配布パッケージを作成します。
  • Windowsアップデート管理 - セキュリティとパフォーマンスを維持するためにWindowsを
    最新の状態に保ちます。
  • その他の機能はこちらをご確認ください。 

Splashtop Enterpriseは、高度なパフォーマンス、セキュリティ、およびサービスデスクワークフローを備えたITサポートとエンドポイント管理のためのツールを提供します。次のような機能が含まれています。

  • SSO/SAML 統合 - Okta、Azure AD、ADFS、JumpCloud、OneLogin、Workspace ONE、G-Suite、TrustLoginとの SSO 統合をサポートします。
  • Service Desk - 技術者のグループ化、サービスチャンネル管理と招待リンク、 SOS Call、
    セッションルーティングなどが可能です。
  • USBデバイスとスタイラスのリダイレクト - USB デバイス (スマートカード、セキュリティキー、
    スタイラス、ゲームコントローラー、プリンター、HID デバイス) をローカルPCからリモートPCに
    リダイレクトします。
  • 詳細設定 - IT 管理者はファイル転送や有人アクセスなどの機能に対してロールベース、ユーザーベースで
    詳細設定をすることができます。
  • 予定されたアクセス - ユーザーおよびユーザーグループが特定のエンドポイントにアクセスできる
    期間についてスケジュールとポリシーを管理します。
  • その他の機能はこちらをご確認ください。 

 

14人中11人がこの記事が役に立ったと言っています