ウォーターマーク

Splashtopでウォーターマーク機能を使用することは、リモート セッション中に機密情報をセキュリティで保護するための優れた方法です。

いくつかの簡単な手順で、ウォーターマークとして表示するコンテンツを簡単にカスタマイズできます。 そして、新規または既存のリモートコンピュータに設定を適用することができます。

可用性

ウォーターマークは、EnterpriseOn-Premをご契約の方が利用できるAdd-on機能です。
この機能を有効にしたい場合は、 sales@splashtop.com までメールでお問い合わせください。

設定方法

1. ウォーターマークの機能を付与した後、 my.splashtop.com / my.splashtop.eu にログインし、「管理」⇒「設定」⇒「チーム」の順に進みます。チーム設定からウォーターマーク保護を有効にすることでご利用いただけます。

watermark_PCP_ja.png

2. 「詳細設定」のハイパーリンクをクリックして、コンテンツを変更します。

watermark_PCP2_ja.png

 

3.ウォーターマーク保護では、3つオプションを設定することができます。詳細設定の変更を行ったら「保存」をクリックし、設定を適用させてください。

watermark3_ja.png

4. Businessアプリを起動してセッションを確立しようとすると、デバイスに透かしが表示されます。

watermark4_ja.png

制限事項

  • セッション録画機能を使用する場合、ウォーターマークはビデオに適用されないことに注意してください。 したがって、機密データを保護するために透かしが必要な場合は、セッションの記録機能をオフにすることを強くお勧めします。

  • ウォーターマーク機能が構成されていても、クライアント コンピューターが次のシステムを実行している場合、接続は拒否されます。

    • Windows XP/Vista OSを実行しているコンピュータ
    • Splashtop Business アプリ v.3.4.8.0 より前のバージョンではご利用いただけません。
      *Androidデバイスの場合、ウォーターマーク機能はv.3.5.2.xまでサポートされません

ユーザーには以下のエラーメッセージが表示されます。

watermark_error_ja.png

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています