SOS チュートリアル

Splashtop (SOS)を使用すると、3つの手順で、インストールを必要とせずに顧客のコンピュータにすぐにアクセスできます。

無料トライアルの申し込みはこちらのリンクにアクセスしてください。

注意:現在、SOSクライアントはスタック固有です。アカウントがグローバルスタックにある場合には、sos.splashtop.comからSOSアプリのダウンロードを行ってください。アカウントがEUスタックにある場合には、sos.splashtop.euからSOSアプリのダウンロードを行ってください。

設定

1.https://www.splashtop.co.jp/download/ から、Splashtop Businessアプリをダウンロードします。

1_ja.gif

 

2.お客様に SOS.Splashtop.com または help.Splashtop.comにアクセスするよう依頼します。Splashtop SOSファイルをダウンロードすると、9桁のコードが生成されます。(ヨーロッパのユーザーは、代わりに顧客に SOS.Splashtop.eu にアクセスするように依頼する必要があります)。

sos.Splashtop.com / help.Splashtop.com リンクを送信する際、ユーザー招待のテンプレートをご利用ください。「SOS」(ドロップダウンメニュー)「ユーザーの招待」 をクリックします。または、こちらの記事からもご確認いただけます。

2_ja.gif

3.ご自身のコンピュータに戻り、Splashtop Businessアプリを開きます。
「SOS(ドロップダウンメニュー)」「ユーザーのコンピューターに接続する」 をクリックします。
セッションコードの入力画面が表示されたら、9桁のコードを入力します。

注: 管理者権限 で接続する機能についての詳細はこちら の記事をご確認ください。

 

SOS セッションの終了

SOS セッションを終了するには、次の 2 つの方法があります。

1.お客様は、「 接続切断 」をクリックするか、SOSプログラムを終了することで、セッションを終了できます。

2.技術者は、セッションの上部にあるツールバーの「接続切断」アイコンをクリックするか、SOS プログラムを終了することで、セッションを終了できます。

 

備考

  • 一つのSOSアカウントで、同時に10台のデバイスに接続することができます。

  • プログラムが起動するたびに、新しいセッションコードが生成されます。
  • SOS プログラムが動作したままの場合 (再起動していない等)、同じセッションコードを使用して同じコンピュータに再接続できます。
  • SOS プログラムが標準ユーザーアカウントで実行されている場合、技術者側はシステム設定等の管理者レベルの表示および変更は管理者からの許可がないと設定できません。
  • SOS プログラムが標準ユーザーアカウントで実行されている場合、Ctrl-Alt-Del をお客様側のコンピュータにリモートで送信することはできません。
16人中15人がこの記事が役に立ったと言っています