リモートデバイスまたはローカルデバイスにサウンドを設定するには?

サウンドとオーディオは一方向のみサポートされます。 サウンドはリモート/ホストデバイスからローカル
デバイスにストリーミングできますが、ローカルデバイスからリモート/ホストデバイスにオーディオは
送信されません。
ローカルデバイスのマイク入力をリモートセッションにリダイレクトし、リモートPCのマイクに向かって直接話すようにしたい場合は、リモートマイク(リダイレクトマイク)をご確認ください。

注:ストリーミングオーディオは、Remote Support Basicには含まれていません

Windowsの場合  

サウンドはリモート/ホストのみ、ローカルデバイスのみ、またはその両方に設定できます。 リモート/ホストデバイスで Splashtopストリーマーを開き、「設定」タブから選択できます:

sound_ja.png
*リモートセッションを切断し(リモートで実行する場合)、再接続します。接続後、リモートのオーディオ設定が更新されます。   

 Macの場合 

サウンドはリモート/ホストのみ、またはローカルデバイスのみに設定できます。 

オーディオを有効にするには、リモート先/ストリーマー側で Splashtopストリーマーアプリケーションを開き、「設定」タブをクリックします。

  • 「設定」タブで「クライアント側(接続元)の音声のみ出力」が選択されていることを確認します。
  • 「設定」タブの「サウンドドライバをインストール」ボタンをクリックして、サウンドドライバをインストールします。インストールを完了するには、コンピューターの再起動が必要です。サイレントインストールを使用して、ストリーマインストールにサウンドドライバを含めることもできます。
  • MacOS 10.14 Mojave およびMacOS 10.15 Catalinaでは、マイクのアクセス許可も必要です - 「マイクへのアクセスを許可」ボタンをクリックします。
  • コンピュータ-上で他のサードパーティ製サウンドドライバを使用し、オーディオに問題がある場合は、こちらの記事を参照してください。それ以外の一般的なトラブルシューティングのヒントについてはこちらの記事を参照してください。

mac_sound_ja.png
*リモートセッションを切断し(リモートで実行する場合)、再接続します。接続後、リモートのオーディオ設定が更新されます。

Linuxの場合 

サウンドはローカルデバイスのみ、リモートとローカルの両方に設定できます。オーディオを有効にするには、リモート/ホストデバイスでSplashtopストリーマーを開き、「設定」タブから選択できます。

linux_audio_ja.png

SOSの場合

サウンドはリモート/ホストのみ、ローカルデバイスのみ、またはその両方に設定できます。リモート/ホストデバイスでSplashtop SOSアプリを開き、「設定」タブをクリックして「オプション」から選択できます。

sos_sound_ja.png

 

62人中3人がこの記事が役に立ったと言っています