AirWatch Workspace ONE UEMを搭載したSamsungデバイスでのストリーマーのゼロタッチ展開

必要条件

以下は、AirWatch Workspace ONE UEM コンソールを搭載した Samsung デバイスでのストリーマーのゼロタッチ展開を完了するための手順です。

ステップ 1: SplashtopのWeb管理コンソールで大量配布パッケージを作成する

チームアドミンとしてmy.splashtop.com にログインし、 「管理」「大量配布」「+配布パッケージを
作成」
をクリックして有効な配布パッケージを作成します。これによりすべてのパッケージに対して、
配布コード(デプロイコード) が生成されます。
配布パッケージのさまざまなパラメータについては、 こちら をご確認ください。

mceclip0.png

参考画像:大量配布パッケージの管理画面例

 

手順2:ストリーマーとKnoxアドオンのプッシュインストール

Web管理コンソールでAndroid EMM登録が完了したら、 ストリーマーSpalshtop Addon:Samsung(Knox) を承認して追加し、ターゲットデバイスにインストールをプッシュします。

(2-1)「プラットフォーム」を「Android」として選択し、「Splashtop Streamer」と入力してアプリを入手します。検索結果として「Splashtop Streamer」が一覧表示されます。

mceclip1.png

 

(2-2)「Splashtop Streamer」を選択すると承認が促され、アプリの権限変更などに関するポリシーも更新されます。最終的に、下図のスクリーンショットのように「アプリの整理」に表示されます。

mceclip2.png

 

(2-3)アプリケーション一覧に移動し、「Splashtop Streamer」を選択(アプリの前にラジオボタン)すると、アプリケーション一覧の上に「割り当て」ボタンが表示されます。

mceclip3.png

 

(2-4)「Splashtop Streamer」にアプリの権限を付与する。

Splashtopストリーマーを正常に動作させるために、必要なアクセス許可を付与できます。これは、次の手順で行うことができます。

1)  デバイス  プロファイルとリソース  プロファイル」に移動し、必要に応じてプロファイルを作成できます。

26.PNG

2)プロファイル編集画面で権限」に移動し、右側のペインで「Splashtop Streamer」を検索して、構成」をクリックします。構成が完了すると、プロファイルを保存してデバイスに公開できます。

 

(2-5)「割り当て」をクリックすると、「割り当ての追加」または「既存の割り当ての編集」のいずれかの
「割り当て」ポップが表示されます。

mceclipp4.png

 

ステップ3:必要なマネージド設定パラメータを対象デバイスにプッシュする

次の編集画面で、構成を割り当てるグループを選択し、一番下までスクロールして「アプリケーション構成」項目に移動します。

mceclip5.png

参考画像:AirWatchでのストリーマーアプリの構成例

Splashtop Streamer

次の 管理対象構成 パラメーターを構成し、その他のフィールドは空白のままにします。

キー 名前 タイプ
DEPLOY_CODE コードのデプロイ 文字列 手順 1 で生成されたデプロイコードを入力します

 

Splashtop Addon: Samsung (Knox)

次の管理された構成パラメーターを構成します。

キー 名前 タイプ
MDM_AUTO_KNOX_ENABLE Knox を自動的に有効にする Bool 有効に設定します
MDM_SCREEN_CAPTURE_MODE 画面キャプチャモード 文字列 Knoxの組み込みのスクリーンキャプチャに設定します

 

mceclip6.png

AirWatch のアドオンのアプリ構成の例

 

 

ステップ4: ストリーマーをリモートで起動する

AirWatchのコンソールからリモートでストリーマーを起動できます。例えば、「ファイル/アクション」からAirWatchでストリーマーを起動する手順は以下の通りです。

(4-1) 「デバイス」⇒「プロビジョニング」⇒「コンポーネント」⇒「ファイル/アクション」にインストールマニフェストを以下の形式で作成します。

mode=explicit,broadcast=false,action=android.intent.action.MAIN,package=com.splashtop.streamer.csrs,class=com.splashtop.streamer.oobe.FirstActivity

(4-2) 「デバイス」「プロビジョニング」⇒「製品リストビュー」で「製品」を作成し、作成した「ファイル/アクション」を含めます。

(4-3) ターゲットデバイスに 製品 を処理してストリーマーを起動します。

MicrosoftTeams-image__1_.png

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています