Chromebook の制限事項

フォローする

Chromebook を使用してリモートコンピュータにアクセスした場合の、Chromebook OS 自体が原因で起こるいくつかの制限を紹介します。

 

Androidアプリ v3.5.4.4 以降の制限事項

操作 状況 回避策
2本指でスクロール

現在、Chromebook OSの制限により、この問題は解決できません。

ユーザーは、Splashtopスクロールバーを【有効】にすると、横からスクロールできるようにしようとする可能性があります。

カーソルがウインドウの最小化/最大化時に変化しない

リモートセッションに表示されるカーソルはSplashtopによって作成されたものではなく、実際にはChromebook自体から作成されており、現在は制限されています。

ユーザーは、「リモートカーソルを表示」オプションを【有効】にして、Splashtopクライアントによって作成されたカーソルを表示できます。

2台目のモニターにドラッグしてもウインドウが離されない

これは、カーソルの解放操作が検出されないため、一部のChromebookデバイスで発生することがあります。

この問題は、カーソルをもう一度クリックして、ウインドウを解放することで解決できます。

 

注意事項

* Chrome拡張機能は、長期間更新されておらず一部機能が利用できない場合がありますので、ご注意ください。

* Chromebookは、Androidアプリを使用しているため機種やエンドポイント、OSによって動作が異なる場合があります。なお、万が一不具合が発生した場合は、ベストエフォートでサポートをさせていただきます。

 

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています