バックグラウンドアクション

フォローする

はじめに

バックグラウンドアクションは、Web管理コンソール(my.splashtop.com)からWindows(Windows7以降)、Mac OS(10.11以降)の診断ツールに直接アクセスできるSplashtopの新機能です。

現在、下記の機能がご利用いただけます。

  • タスクマネージャー(Windows およびMac OSのみ)
  • レジストリエディタ (Windows のみ)
  • デバイス管理者 (Windowsのみ)
  • サービス管理者(Windowsのみ)

※10.15以前のMacOSのバージョンは、お使いのWebブラウザによって互換性が異なります。

概要

対応製品とプラットフォーム

サブスクリプション

バックグラウンドアクションは、次のサブスクリプションでご利用できます。

  • Splashtop Remote Support (Premium)
  • Splashtop Enterprise(技術者ライセンス)

プラットフォーム

  1. リモートタスクマネージャーは、次の場合にご利用いただけます。
    • Businessアプリ(v3.5.6.0 以降): Windows、 Mac
    • ストリーマー(v3.5.6.0 以降): Windows、 Mac
  2. リモートレジストリエディタは、次の場合にご利用いただけます。
    • Businessアプリ(v3.5.6.0 以降): Windows、 Mac
    • ストリーマー(v3.5.6.0 以降): Windows
  3. デバイス管理者は、次の場合に使用できます。
    • Businessアプリ(v3.5.6.0 以降): Windows、 Mac
    • ストリーマー(v3.5.6.0 以降): Windows
  4. サービス管理者は、次の場合に使用できます。
    • Businessアプリ(v3.5.6.0 以降): Windows、 Mac
    • ストリーマー(v3.5.6.0 以降): Windows

使用方法

Web管理コンソール(my.splashtop.com/my.splashtop.eu)の場合

コンピュータ」または「 管理 」⇒「 すべてのコンピュータ」タブからバックグラウンドアクション画面にアクセスできます。「コンピュータ」を選択⇒右側の歯車マークをクリックします。次に、バックグラウンドアクションを選択します。新しいブラウザタブが開き、選択したバックグラウンドアクションが表示されます。

ba1_ja.png

 

Businessアプリの場合

コンピュータリストでコンピュータを選択し、バックグラウンドアクションアイコンをクリックします。次に、バックグラウンドアクションを選択します。新しいブラウザタブが開き、選択したバックグラウンドアクションが表示されます。

ba4_ja.png

重要: バックグラウンドアクションを使用するには、事前に 2段階認証設定してください。設定せずにバックグラウンドアクションにアクセスしようとすると、2段階認証を設定にすることを求められます。

Web管理コンソール:

ba2_ja.png

Businessアプリ:

ba22_ja.png

チーム設定:

バックグラウンドアクションの設定は、Web管理コンソール内の「 管理」⇒「 設定 」⇒ 「機能構成 」から設定できます。初期値では、バックグラウンド設定は管理者とオーナーに対して有効になっています。オーナーアカウントへのアクセスを制限したり、チームメンバーへのアクセスを拡張したりすることもできます。

ba6_ja.png

ストリーマー側の動作

バックグラウンドアクションは、リモートセッションの一種として扱われます。バックグラウンドアクションを開始すると、対象のエンドポイントのストリーマーに次のようにセッションステータスが表示されます。

ba7_ja.png

さらに、セッションインジケーターや接続ポップアップが表示されます。バックグラウンドセッションには、次のスクリーンショットに示すように、専用のアイコンがあります。

ba8_ja.png 

リモートセッションに関しては、セッションインジケーター、セッションポップアップ、またはその両方を表示するかどうかをWeb管理コンソールで設定できます。設定する場合は、「 管理 」⇒「 設定 」⇒「無人アクセス」 ⇒「 セッションインジケーター」の順で進み設定します。

ba9_ja.png

セッション履歴

Web管理コンソールからバックグラウンドアクションのセッションログにアクセスできます。「履歴」⇒ 「エンドポイント管理」⇒「バックグラウンド動作セッション」を選択します。

ba10_ja.png

 

ba11_ja.png

 

バックグラウンドアクション - タスクマネージャー

リモートタスクマネージャーを使用すると、直接接続したり、リモート接続でユーザーを中断したりすることなく、 Splashtopから直接 Windows タスクマネージャまたはMac OSアクティビティモニタにアクセスできます。

バックグラウンドアクションのタスクマネージャーを選択すると、新しいブラウザが開き、下記のページが表示されます。

ba12_ja.png

a)ここから別のバックグラウンドアクションに切り替えできます。

ba13_ja.png

b) プロセスを選択し「タスクの終了」から終了できます。

ba14_ja.png

c)検索とフィルタリング:

ba15_ja.png

バックグラウンドアクション - レジストリエディタ

レジストリエディタを使用すると、直接接続したり、リモート接続でユーザーを中断したりすることなく、 Splashtopから直接Windowsレジストリエディタにアクセスできます。

バックグラウンドアクションのレジストリエディタを選択すると、新しいブラウザーが開き、下記のページが表示されます。

ba16_ja.png

a)新しいキーを追加します。

ba17_ja.png

b) キー値を変更します。

ba18_ja.png

c)キーの名前を変更します。

ba19_ja.png

d)キーを削除します。

ba20_ja.png

 

バックグラウンドアクション - デバイス管理者

デバイス管理者を使用するとリモートPCに、直接接続したり、リモート接続でユーザーを中断したりすることなく、 Splashtop内から直接Windowsデバイスマネージャーにアクセスできます。

バックグラウンドアクションのデバイス管理者を選択すると、新しいブラウザタブが開き、次のページが表示されます。

devicemanager1_ja.png

次に、ネットワークアダプタなどのハードウェアを選択できます。

devicemanager2_ja.png

左上隅に表示される「操作ボタン」からデバイスを有効または無効にする選択ができます。クリックすると次のようになります。

devicemanager3_ja.png

「有効」または「無効」をクリックするとすぐに確認ウインドウが表示されます。

devicemanager4_ja.png

デバイスの横には、ステータスを示す3つの異なる記号が表示されます。

記号 記号の意味 コード*
devicemanager7_ja.png

デバイスは無効になっています。

22
devicemanager6_ja.png デバイスには重大ではない問題があります。 1, 3, 9, 10, 12, 14, 16, 18, 19, 21, 24, 28, 33-44, 46-5
devicemanager5_ja.png デバイスに重大なエラーが発生し、正しく機能できません。

22, 29, 31, 32, 45

*対応するコードは Microsoftのウェブサイトに記載されております。
バックグラウンドアクション - サービス管理者

サービス管理者を使用すると、リモートPCで直接接続したり、リモート接続でユーザーを中断したりすることなく、 Splashtop 内からWindowsサービスマネージャーに直接アクセスできます。

バックグラウンドアクションのサービス管理者を選択すると、新しいブラウザタブが開き、次のページが表示されます。

servicemanager1_ja.png

各サービスのスタートアップタイプの変更ができます。現在のステータスをクリックします。「Manual」にはいくつかのオプションが表示されます。

servicemanager2_ja.png

スタートアップタイプの種類を変更すると、リモートPCで即座に適用されます。

右側には、各サービスの現在のステータスを変更できるアイコンがいくつかあります。

servicemanager3_ja.png

「一時停止」機能はサービスではご利用できないことが多いため、グレー表示されておりますのでご了承ください。
これらのアクションはシステムレベルで実行され、現在サインインしているWindows ユーザーの権限を無視します。

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています