今後の取り組み(ロードマップ)

ここでは、 Splashtop Business製品の今後のリリースに向けて取り組んでいる新機能を
いくつかご紹介します。

お客様との緊密な連携により、機能強化や新機能の追加など、製品の向上に努めております。
一部の機能は特定のサービスでのみご利用いただけます。

 

第1四半期

エンドポイントの監視と管理

Splashtop Antivirus powered by Bitdefenderでセキュリティを強化します。受賞歴のあるマルウェア対策技術を持つBitdefenderで、WindowsとMacのコンピュータをお求めやすい価格で保護します。Splashtop内から
ウイルス対策をシームレスに管理および導入できるため、追加のソリューションは必要ありません。 

SBA Soloを除くすべての Splashtop Business製品のアドオンとして利用できます。 

リモートPCを制御することなく、バックグラウンドで重要なタスクを実行することで、エンドユーザーの
中断を大幅に削減します。Windows診断ツールには、プロセス(タスク)を表示および終了できる
タスクマネージャーと、レジストリキーの追加、名前変更、変更、および削除を支援するレジストリエディタが含まれます。

Splashtop Enterpriseと Splashtop Remote Support Premiumで利用できます。 

ITヘルプデスク

  • チケットシステム統合のためのオープンAPIフレームワークとAPI

Splashtop は Splashtop Enterprise の API 配信フレームワークを構築してきました。オープンAPIの初期セットにより、ソフトウェアベンダーとITカスタマーは、チケット発行およびチャットシステム内から
サポートセッションを作成できます。技術者は、サポートリンクの作成、 Splashtop リモートセッションの
起動、セッションログの取得をすべてチケットおよびチャットシステム内から行うことができます。​

これらの API は、厳選されたパートナーと顧客のグループによるベータテスト段階に入っています。
このような統合のベータテストにご興味のある方は、こちらのフォームからお申し込みください。

 

第2四半期

ITヘルプデスク

  • 一元化されたセッション録画

セッション録画は、ローカルPCではなくSplashtopのクラウドに保存されます。技術者はmy.splashtop.comに
アクセスするだけで、録画をダウンロードまたは表示できます。録画は最大90日間保存され、複数の
mp4ファイルに分割されます。

現在、Splashtop Enterpriseでお試しいただけます。

  • 有人アクセスでのバックグラウンドアクション

技術者がService Desk内でリモートコマンド、ファイル転送、バックグラウンドアクションなどのタスクを
実行できるようにします。ストリーマーを介した同様のタスクとは異なり、エンドユーザーの同意を得る必要があります。

Splashtop Enterprise技術者がService Deskを介して利用できるようになります。

 

  • API - ログ、コンピュータ情報、ユーザー情報

第2四半期のリリースでは、ログ、コンピュータ情報、ハードウェアとソフトウェアのインベントリを
ダウンロードするためのAPIと、グループを管理するためのAPIが追加されます。

このAPIを使用すると、ユーザーは自動化された方法でログをアーカイブしたり、ログを収集し、
ログリポジトリに保存、資産管理システムのエンドポイント情報を強化したりできます。

リモートアクセスとコア

  • SBA Performance、ワコム統合、QUICの製品化

高性能市場で競合するため新しい SBA SKUを導入します。

クリエイティブ向けにカスタマイズされており、リモートUSB、リモートマイク、YUV4:4:4カラー、
ハイファイオーディオなどの機能が含まれます。​

​また、ワコムとの新しい統合にも取り組んでおり、デバイスをリモートで使用するクリエーター向けに
スムーズなエクスペリエンスを提供します。 ​

​さらに、 SplashtopリモートセッションのデフォルトプロトコルとしてQUICを展開し、リレーなしの直接接続を可能にし、パフォーマンスを向上させます。

 

第3四半期

ITヘルプデスク

  • Webからサポートセッションを開始する

エンドユーザーは、複数の方法でWebサイト/Webフォームからサポートリクエストを開始できます。

Service Deskを介してSplashtop Enterprise技術者がご利用いただける予定です。​

  • Service Deskのレポート統計

この機能は、管理、コンプライアンス、監査の目的でより多くのレポートを必要とする大規模なお客様を念頭に置いて作成されています。この機能には、アクティブセッション、合計セッション数、基本フィルタなど、さまざまなレポートオプションが含まれています。ユーザーは、時間単位、日単位、週単位、月単位で
同時セッションの最大数を表示する同時使用状況グラフを利用することもできます。さらに、ユーザーは
コンピュータのアクセス許可を簡単に管理できるため、各コンピュータにアクセスできるユーザーを
確認できます。また、コンピュータグループ、コンピュータ、ユーザーID、セッションの開始/停止/期間などでユーザーセッションを監視できます。

一部の Splashtop Enterpriseのお客様にご利用いただける予定です。 

  • 詳細設定の機能強化

技術者の権限を管理するためのより詳細な設定(例:表示専用とフルコントロール)。 

  • コンピュータ管理と アクセス許可の管理 のための API

第3四半期のリリースにはコンピュータの管理とアクセス許可の管理のためのAPIが含まれます。
これらのAPIを使用すると、コンピュータの自動削除と名前の変更が可能になります。
また、プログラムによるアクセス許可の割り当ても可能になり、特に多数の従業員が自分のコンピュータへの個別のアクセス許可を必要とする場合に役立ちます。

 

エンドポイントの監視と管理

  • スマートアクション

既存の 1 対多のアクションとカスタマイズ可能なアラートを結び付け、カスタマイズされたアラートによってユーザーが作成した 1 対多のスクリプトをトリガーできるようにします。

  • EMM製品 v2ダッシュボード

社内のITチームが必要とする、不足している主要なエンドポイント監視・管理(EMM)機能に関するフィードバックを収集し、包括的なEMMソリューションを構築しています。​

 

第4四半期

リモートアクセスとコア

  • 1ユーザーが複数のチームに所属

1人のユーザーが複数のSplashtopチーム(例:MSPや社内ITなど)に所属することができ、一度に異なる
コンピュータリストへのアクセスが許可されます。​

ITヘルプデスク

  • サポートセッションのスケジュール​

技術者は、エンドユーザーとのリモートサポート セッションを事前にスケジュールし、
Service DeskセッションをOutlookやGoogleカレンダーなどの カレンダーと統合できるようになります。 

Service Deskを介して Splashtop  Enterpriseの技術者 が利用できるようになる予定です。​

  • ユーザーを管理するための API

第4四半期のリリースには、ユーザーを招待、削除、有効化、無効化するためのAPIが含まれます。

これらの API により、社内外の従業員によるユーザー管理の自動化が可能になります。

  • セッション終了後のアンケート

セッション後のアンケートにより、エンドユーザーは顧客が尋ねたい質問に答えることができます。 
エンドユーザーがエクスペリエンスを評価でき、顧客はこのアンケートを利用し社内でフィードバックを
集計できます。

Service Deskを介してSplashtop Enterprise技術者がご利用いただける予定です。

  • コンピュータリストの改善

コンピュータリストの応答性を高め、カスタマイズ可能なフィルターと並べ替えオプションを追加します。​

  • より多くのコンピュータに対応

多数のコンピュータ (100K ~ 150K) を使用するチームをサポートするための機能強化。

2024年第1四半期

リモートアクセスとコア

  • 複数のグループ+ネストされた1 人のユーザー

お客様はカスタムタグを使用して、コンピュータグループを次のレベルで分類できるようになります。​

30人中29人がこの記事が役に立ったと言っています