仮想ディスプレイ

仮想ディスプレイは最大2つの仮想ディスプレイを追加してモニターを拡張したり、
ヘッドレスディスプレイの問題を解決できる機能です。

この機能は現在テスト中です。

 

対応製品

 

要件

  • Windows 10以降
  • Splashtop ストリーマーv3.6.0.0以降 
  • 仮想マシン (VM) はサポートしてません
  • 互換性はIntel、AMD、Nvidia製のGPUに限定されます

 

サポートされている解像度

3840×2160
3840×1600
2560×1440
2560×1080
1920×1200
1920×1080
1600×1200
1600×900
1440×900
1400×1050
1280×1024
1280×960
1280×800
1280×720
1024×768
800×600

 

設定方法

  1. Splashtopストリーマーの「詳細」⇒「仮想ディスプレイ」の項目を開きます。
    Virtual display01_ja.png
  2. 「Configure virtual display settings」をクリックします。
  3. 仮想ディスプレイの設定ウインドウが表示されます。
    Virtual display02_ja.png
  4. 仮想ディスプレイのドライバをインストールします。
  5. 仮想ディスプレイの解像度を選択し、「addicon_ja.png」をクリックします。
    Virtual display02_ja.png
    作成した仮想ディスプレイを削除する場合は、解像度を選択し、
    trashcanicon_ja.png」をクリックします。
  6. ディスプレイの配置を調整する場合は、「Windows display settings」をクリックします。
    Virtual display05_ja.png
    windows display settings_ja.png

モニターの追加ができない原因

仮想ディスプレイドライバはインテル、AMD、NvidiaのGPUのみをサポートしています。

 

Windowsアカウントをサインアウトした後制限事項

Windowsアカウントからサインアウトした場合:
Virtual display07_ja.png

  1. 作成された仮想ディスプレイは削除されます。

  2. 「Configure virtual display settings」をクリックしても、何も動作しません。

    サインアウト後、 Splashtopストリーマーの「Configure virtual display settings」をクリックしても、
    仮想ディスプレイの設定ウインドウが正常に開かない場合があります。この問題を解決するには、 Splashtopストリーマーを再起動してから、再度仮想ディスプレイを設定してください。

試用版やサブスクリプションの有効期限が切れた際に仮想ディスプレイドライバを
アンインストールする方法

  1. リモートPCで次のファイルパスに移動します。
    C:\Program Files (x86)\Splashtop\Splashtop Remote\Server\Driver\LciDisplay
  2. 「uninstall_driver64.bat」(64ビットOSの場合)または「uninstall_driver.bat」(32ビットOSの場合)を
    右クリックし、管理者として実行します。
    Virtual display06_ja.png

 

ベータ版の仮想ディスプレイツールをご利用の場合

以前、ご要望に応じてベータ版の仮想ディスプレイのツールを提供していましたが、
Splashtopストリーマーv3.6.0.0への更新後は、以前のツールで作成された仮想ディスプレイは
無効化されます。新しく導入された機能を使って再設定してください。

 

仮想ディスプレイ機能についてご質問がある場合は、次のリンクからお問い合わせください:
https://support-splashtopbusiness.splashtop.com/hc/en-us/requests/new

13人中10人がこの記事が役に立ったと言っています