クラウドレコーディング

クラウドレコーディングを使用すると、すべての Splashtopリモートデスクトップセッションの録画を
強制することができます。セッションは全てが記録されるため、技術者は手動で記録を開始または停止する
必要はありません。

録画はSplashtopサーバに90日間保存され、トレーニングまたは監査などの目的でSplashtop Web
管理コンソールから再生またはダウンロードできます。

録画のダウンロードおよび再生する機能は、ロール権限に基づいて制御できます。

クラウドレコーディングはSplashtop Enterpriseのアドオン機能をご契約のお客様がご利用いただけます。

 

要件:

  • ローカル PC (技術者側): Windows および Mac のみすべてのバージョンをサポートしています。
  • リモートPC (エンドポイント/エンドユーザー側): Windows、Mac、iOS、Androidはストリーマが
    v3.5.8.0以降。このバージョン要件を満たしていない場合、技術者の画面に以下のエラーメッセージが
    表示され接続できません。

    session_recording_ja.png

Web管理コンソールからクラウドレコーディングを有効にする方法

クラウドレコーディングはデフォルトでは無効になっており、Web管理コンソールから有効にできます。
(my.splashtop.com/my.splashtop.eu⇒「管理」⇒「設定」⇒「有人/無人アクセス」)
CentralizedRecording1_ja.png

ロールベースのコントロール

再生およびダウンロードの機能は、ロールに応じて付与できます。
初期値ではチームオーナーのみに権限が付与されます。

  • 無人アクセスでのチーム: オーナーのみ / 管理者とオーナー / メンバー、管理者とオーナー
  • 有人アクセスでのチーム:オーナーのみ / 管理者とオーナー / メンバー、管理者とオーナー

    CentralizedRecording2_ja.png

再生またはダウンロードする方法

録画はWeb管理コンソールのセッションログページから確認できます。
(my.splashtop.com/my.splashtop.eu⇒「履歴」⇒ 「リモートデスクトップセッション/有効なセッション」)

CentralizedRecording3_ja.png

「リモートデスクトップセッション」ページと「有効なセッション」ページの「レコーディング」の列は、
セッション録画が正常にアップロードされたかどうかを示しています。

セッションの横にある録画アイコンをクリックすると、そのセッションの録画が表示されます。
CentralizedRecording4_ja.png

(再生とダウンロードのリンクはすぐにコピーし共有できます。セキュリティ上の理由からリンクは 10 分後にローテーションされます。)

 

メモ

  • 録画はセッションがSplashtopサーバを経由するときにSplashtopサーバによって実行されます。
    すべてのセッションは録画を実行するためにSplashtop サーバを経由してプロキシされます。
  • 録画のタイムスタンプは、セッションログのタイムゾーンに基づいています。

  • マウスカーソルと音声は録画には含まれません。
  • クラウドに記録されるセッションの最大継続時間は24時間です。
    • 24時間の制限に達する5分前に警告メッセージがポップアップ表示されます。

  • 次の場合、録画は複数のファイルに分割されます。
    • ファイルサイズが512MBに達する場合(例:合計録画サイズが3GBの場合、6つのファイルで構成されます)

    • 技術者が表示を別のモニターに切り替える場合

    • 技術者がフレームレートを変更する場合

    • エンドユーザーのデバイスが縦向きと横向きを切り替える場合

  • セッションに複数の録画ファイルがある場合 (技術者がモニター表示を切り替えた場合など)、ファイルは
    モニター別およびタイムスタンプ別に整理されます (上のスクリーンショットをご確認ください)。
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています