管理者権限で接続する

初期値では、SplashtopSOSはそのコンピュータに現在ログインしているアカウントの権限で接続します。管理者権限が必要な場合、Windows管理者権限を持つ管理者として接続することができます。

注意:Windowsまたは、MacのSplashtopBusinessクライアント3.1.4.0以降が必要です。最新版は、こちらからダウンロードできます。

セッション開始前に管理者として接続する方法

1. https://sos.splashtop.com/ja/sos-downloadにアクセスし、ファイルをダウンロード・実行し9桁のコードを生成します。

2.接続元のコンピュータで、Businessアプリをダウンロードします。アプリを開き、「SOS」⇒「ユーザーのコンピュータに接続する」をクリックしてSOS接続を開始します。

3.9桁のコードを入力し「管理者として接続」のチェックボックスにチェックを入れます。

※v.3.3.8.0以降では、技術者側またはエンドユーザー側から認証情報を入力することで権限を昇格させることができるようになりました。

connectasadmin1_ja.png

4.MacまたはWindowsの管理者認証情報を入力します。なお、ユーザー名は、表示されている名前(John Doe)ではなく、実際のID(john.doe@outlook.com)でなければならないことに注意してください。ドメインも必要な場合は More をクリックします。

connectasadmin2_ja.png

5.エンドユーザーが管理者権限を持たないアカウントでログインしている場合、ユーザーアカウント制御(UAC)のプロンプトで認証情報と「はい」をクリックする必要があります。

 

セッション中に管理者として接続する方法

v3.3.8.0以降では、リモートセッション中に特権を昇格できるようになりました。

1.標準ユーザーでログインしているコンピュータに接続している場合、セッションツールバーの「アクション」アイコンをクリックし、「Adminとして再接続」を選択することができます。
connectasadmin3_ja.png

2.権限を昇格させるための認証情報を入力できる方法を選択することができます。
connectasadmin4_ja.png

 

 

7人中1人がこの記事が役に立ったと言っています