SOSカスタマイズの流れ

要件:

  • SOS with Mobile、SOS+10、SOSチーム、SOS unlimited、またはEnterprise Cloud技術者ライセンス
  • オーナーまたは技術者マネージャー
ステップ1: Web管理コンソールで「SOSのカスタマイズ」項目を探す

Splashtop Enterprise チームの場合:
https://my.splashtop.comにログインし、 「管理」 タブをクリックすると 「SOSのカスタマイズ」が表示されます。
cus_sos_ent_ja.png
Splashtop SOS /SOS+10/SOS Unlimited チームの場合:
https://my.splashtop.comへログインし、SOS タブをクリックし、「独自ブランドのSOS アプリの作成」をクリックします。
cus_sos%2B_ja.png

ステップ 2: カスタム SOSを作成する 

 「SOSアプリの作成」 ボタンをクリックして新しいSOSアプリを作成します。
nwe_sos_ja.png
設定可能な項目は、次の3つの部分に分けることができます。

  • テーマ
    create_theme_ja.png
  • オプション
    create_options_ja.png
  • 免責事項
    create_disclaimer_ja.png
  • エンドユーザーがアプリを閉じた後に.exe/dmgファイルを自動削除する:このオプションが選択されている場合、カスタマイズされたアプリを閉じると、 SOSインスタンスが自動的に削除されます 

「 作成」 ボタンをクリックして、作成したSOSアプリを保存します。

*注* SOS アプリは、一度作成すると変更できません。 コピー を使用して、既存のSOSアプリの設定に基づいて新しいSOSアプリを作成します。
clone_ja.png
ステップ 3: カスタム SOS をエンドユーザーと共有する

カスタムSOSアプリの横にある「共有」ボタンをクリックします。 
share_ja.png

設定可能な項目は、次の3つの部分に分けることができます。

  • リンクを共有
    共有可能なリンクをコピーしてブラウザに入力するか  「リンクを確認」 ボタンをクリックすると、 ダウンロードページが表示され、ユーザーが使用しているOSプラットフォームに基づいて ダウンロード が自動的に開始されます。
    リンクの種類: 
    • Splashtopのダウンロードページ - Splashtopのロゴが表示されます

      splashtop_sos_ja.png
    • Splashtopブランディングのないダウンロードページ– ロゴなしのバージョンで表示されます
      w.o_log_ja.png
      w.o_logo_sos_ja.png
  • アプリのダウンロード
    OSプラットフォームを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてSOSアプリを直接ダウンロードします。
    download_app_ja.png 
  • iframeを埋め込む
    Web サイトにiframe要素を 埋め込むとダウンロードされたSOS バージョンは最新のものになります。ボタンの色もカスタマイズ可能です。
    iframe_ja.png

その他の注意事項

  • 共有可能なリンクまたはSOSアプリをWebサイトでホストして、ユーザーと共有できます。
  • ダウンロード SOS アプリは自動的に署名されます。カスタマイズは利用規約に準拠しているかどうか審査され、違反するとアカウントが停止される場合がありますのでご注意ください。
  • カスタムSOSパッケージでは同じチームのメンバーのみがアクセスできます。SOSパッケージの作成元とは異なるチームからコンピューターにアクセスしようとすると、以下のメッセージが表示されます。
    CustomSOS_ja.png
  • カスタマイズされたSOSパッケージを、サードパーティ統合に適用することもできます。
    「管理」⇒「設定」⇒「サードパーティ統合」⇒「API キーの設定」に移動し、「パッケージ」
    ファイルのドロップダウンリストを選択します。
    sos_cus9_ja.png

 

 

 

14人中12人がこの記事が役に立ったと言っています