セッション録画

v3.3.0.0 で導入されたセッション録画機能を使用すると、Splashtopリモートセッション中の画面を録画できます。録画された画像ファイルは、ローカルコンピュータ (Business アプリを実行しているコンピュータ)に保存され、トレーニングや監査目的で使用できます。

v3.4.2.0からチーム設定のポリシー設定にセッション録画を追加が追加されました。ストレージパスとサイズ制限を指定して、チームメンバー全員が自動的に録画を開始するように制御することができます。
「Web管理コンソール」⇒「チーム設定」https://my.splashtop.com/account_info/#team_tab から、オーナー・ポリシー設定や管理を許可されたスーパーアドミンは、OSプラットフォームごとにストレージパスとサイズ
制限(0~40,000MB、0 =無制限)を指定し、プラットフォームごとに自動セッション録画を有効にすることができます。(※Remote SupportチームとSOSチームではポリシー設定が異なります。)

アプリの設定では、録画ファイルの保存先とその保存先のサイズ制限について、新しいコントロールオプションが追加されました。
SessionRecording2_en-us.png
SessionRecording3_en-us.png

要件

  1. Splashtop Business アプリ v3.3.0.0 以降
  2. Splashtop Businessアプリを実行しているコンピュータOS:Windows 7以降またはMacOS 10.10
  3. Android端末はv3.5.1.10以降からセッション録画に対応しています。
  4. サポートされているSplashtopサブスクリプション
    - Business Access (Pro、Performance)
    -Remote Support(PlusまたはPremium)
    - Splashtop SOS (basic SOS、SOS+10、SOS Teams、SOS+Unlimited)
    - Splashtop Enterprise

ステップ

1.リモートPCに接続します

2.録画開始ボタンをクリックします 

 Windows:
1016-D888-45B1-A0C0-0925e87ffa7f_ja.png

Mac:mac_record_ja.png

3.必要な画面を収録します

4.録画停止ボタンをクリックします

Windows:
5060AB8C-0C6E-4F25-853A-744e53a47871_ja.png

Mac:

mac_record_end_ja.png

5.ビデオファイルはSplashtop Business(紫色のアイコン)側のローカルPCに保存されます。

または

  1. Businessアプリを開きます:「ファイル」⇒「オプション」⇒「詳細」⇒「リモートセッション開始時に
    自動的に録画を開始する」
    (オプションでストレージパスの割り当てとサイズ制限が可能です。)
    SessionRecording6_en-us.png
  2. リモート接続を行い、作業します。
  3.  ビデオファイルは、ローカルコンピュータのSplashtop Business(紫色のアイコン)側で、割り当てられたストレージパスに保存されています。

Androidの場合

1.メニューバーから Android3_en-us.PNG をクリックします。

2.画面録画をタップすると録画が開始されます。

Android_en-us.png

3.録画は左上隅に表示されます。

Android2_en-us.PNG

4.音声も保存されます。ストリーマー側から音声ストリーミングを録音したくない場合は、「音声をミュート」にチェックを入れてください。
androidmuteaudio_ja.png

オーナー・ポリシー設定や管理を許可されたスーパーアドミンは、チーム全体に自動セッション録画を
【有効】にすることができます。
  1. プラットフォームごとの録画ポリシーの指定も可能です。(現在、Windows、Mac、Androidを
    サポートしています)
  2. リモートPCに接続します。
  3. セッション開始時に自動的に録画が開始されます。
    43E0997F-A553-4778-A9D2-1c4fa2320ff1_ja.png
  4. ビデオファイルは、ローカルコンピュータのSplashtop Business(紫色のアイコン)側の、割り当てられたストレージパスに保存されます。

詳細

  • 現時点では、 Androidを除いて、オーディオはビデオに保存されません。 
  • ビデオにカーソルを表示するには、「リモートカーソルを表示」オプションを有効にします。
  • 2012年以前のコンピュータをお使いの場合、セッション録画機能に問題が発生する可能性があります。
    その場合には、「ビデオレンダリングオプション」を変更してみてください。
    Businessアプリ⇒「ファイル」⇒「オプション」⇒「詳細」から設定できます。

    SessionRecording9_en-us.png
  • アプリが画面録画を開始するときに、指定されたストレージパスにアクセスできない場合、録画ファイルはデフォルトのパスに保存されます。
  • Windowsコンピュータでは、セッションの録画は、 .webm ファイルとして保存され、コンピュータ上のデフォルトの「 写真」または「 映画とテレビ」アプリで開くことができます。
  • Macコンピュータでは、セッションの録画は、 .MP4 ファイルとして保存され、コンピュータ上のデフォルトの「 プレビュー」または「 QuickTime Player」アプリケーションで開くことができます。
  • v3.4.6.0では、VP8を段階的に置き換える新しいビデオコーデックVP9が導入されています。この置き換えにより、ビデオファイルのサイズとFPSの低下が減少し、高解像度ビデオをエンコードする際のビデオ品質が向上します。(4K、2K)
    (Businessアプリ:「ファイル」⇒「オプション」⇒「詳細」⇒「高度なエンコーダーを使用」を【有効】にしてください。)

    SessionRecording10_en-us.png
 

 

7人中1人がこの記事が役に立ったと言っています