ヘッドレスWindows PCへのリモート接続時、表示の問題または黒い画面が発生する場合

問題

ヘッドレスでWindowsコンピュータへのリモートセッションを行ったときに黒い画面のみが表示される、
アプリウィンドウが空白で表示もしくは正しく表示されない、または Windows の「スタート」メニューが
小さく表示されるなどの問題が起こる場合があります。

モニターやディスプレイが電源オフの状態、または ノートパソコンのカバーが閉じられている状態でも
ヘッドレスコンピュータのようになります。

この問題は一般的な例ではなく、ほとんどの場合ではヘッドレスのWindows コンピュータに問題なくリモート接続できますが、上記のような問題が起こった場合には以下の回避策をお試しください。

 

回避策-仮想ディスプレイ

詳細については仮想ディスプレイの記事をご確認ください。

v3.6.0.0以降のSplashtopストリーマーでは、以下の回避策は利用できなくなります。 

  • リモートPCから、次のファイルパスへ移動します。
    • C:\Program Files (x86)\Splashtop\Splashtop Remote\Server\Driver\LciDisplay
  • 「install_driver64.bat」(64ビットOSの場合)または「install_driver.bat」(32ビットOS の場合)を
    右クリックし、管理者として実行します。
  • コンピュータへのリモートセッションを確立します。
    • ドライバーをインストールした後、SP-DSP00 という名前の仮想ディスプレイが作成され、
      リモートセッションが確立されます。例えば、リモートシステムがヘッドレスの場合は、
      1つのディスプレイが作成され、デュアルモニタシステムの場合は、3つのディスプレイが
      作成されます。
    • 新しく作成されたディスプレイの解像度は 720P です。これは、現在ドライバでサポートしている最高の解像度ですので、ご了承ください。
    • リモートシステムがヘッドレスシステムの場合、黒い画面の問題が解決されます。
    • リモートシステムがヘッドレスシステム(空白のウインドウ)である場合の表示の問題が
      解決されます。
    • ドライバーのアンインストール以外に、「VirtualDisplay」キーでドライバーのオン/ オフの切り替えが
      できます。
      • 1=オン、0=オフ。
        (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Splashtop Inc.\Splashtop Remote Server)
131人中29人がこの記事が役に立ったと言っています