画面のキャプチャオプション-Windows ストリーマー

Windows用スプラッシュトップストリーマーv3.3.2.0以降、インターフェイスで直接利用できるいくつかの画面キャプチャオプションがあります。画面キャプチャオプションを変更すると、黒い画面や歪んだグラフィックなどの問題が発生する可能性があります。リモートセッション中にキャプチャオプションを変更した場合、変更を実行するには切断してから再接続する必要があります。

screencapture_ja.png

ソフトウェア

グラフィックのキャプチャに一般的に使用される Windows APIです。これは現在使用しているデフォルトのキャプチャ方法でもあります。注:v3.4.2.0 以降、パフォーマンスを向上させるために、ハードウェアをデフォルトオプションとして使用するように変更しました。ストリーマーが自動的に更新されても、現在の設定は変更されません。

ハードウェア

こちらもWindowsネイティブAPIの一種ですが、より良いリソース制御とパフォーマンスを提供します。
このキャプチャ方法では、CPU の使用量が少なくなり、リモートセッションでのユーザーエクスペリエンスが向上することが期待されます。

これには、 Windows 8 以降 のリモートPCを動作させる必要があります。

NVIDIAグラフィックス

私たちは、リモートPCに NVIDIA グラフィックスカードを持っているユーザー向けに製品を最適化しました。これは、高いフレームレートと低い遅延時間によって、すべてのリモートデスクトップの使用状況(特にマルチメディアなど)のエクスペリエンスが向上します。

これには 、NvidiaグラフィックスとリモートPCをサポートしているドライバ が必要です。コンピュータにNvidiaカード/サポートされているドライバがない場合、オプションとしてNvidiaキャプチャ方法は表示されません。

注:NVIDIA グラフィックスは、v3.4.6.0 以降のストリーマーを実行している Windows 8 以降のマシンでは、画面キャプチャオプションとしてサポート対象外となりました。

ミラードライブ

ミラードライバがインストールされている場合、Splashtopストリーマーは異なる方法で画面を
キャプチャします。これはWindows コンピュータでの画面更新の遅さや CPU使用率の高さの問題
およびその他のいくつかの問題に役立つことが証明されています。

24人中7人がこの記事が役に立ったと言っています