Splashtop ストリーマーのハードウェアアクセラレーションを有効にする

Windows および Mac のストリーマーは、デバイス上のさまざまなハードウェアを利用してハードウェアアクセラレーションをサポートし、リモートセッションのパフォーマンスとリモートPCのCPU負荷を改善します。

要件

Windows v3.3.8.0 以降用のスプラッシュトップストリーマー

Mac用ストリーマー v3.4.8.0以降

 

ハードウェアアクセラレーションを有効にするには?

リモート接続先のリモートPCで Splashtopストリーマー を開き、「 詳細 」タブに移動し、
下にスクロールして「 ハードウェアアクセラレーション 」オプションを見つけます。
このオプションをオンにして、有効にします。

hardwareacceleration_ja.png

 

サポートされているハードウェア

NVIDIAグラフィックス、AMDグラフィックス、およびIntelグラフィックス

このオプションをチェックすると、SplashtopストリーマーはリモートPCにインストールされている
サポートされたハードウェアを使用してストリーミングデータをエンコードします。
これにより、リモートセッションでのパフォーマンスが向上し(場合によっては FPSを最大50%以上向上)、
ストリーマーがインストールされたリモートPCのCPU使用率を下げます(場合によっては最大30%低下)。

 

  • リモートセッション(FPS)のパフォーマンスは、キャプチャオプション、Splashtop Businessアプリ設定、ネットワークステータス、ネットワーク帯域幅などの他の設定/要因によっても影響を受けます。
  • また、Splashtop Businessアプリでもハードウェアアクセラレーションをサポートしています
    詳細はこちらをご参照ください
9人中7人がこの記事が役に立ったと言っています