QUIC(エンドツーエンド接続)を有効にする

フォローする

Splashtop は QUIC プロトコルを使用したエンドツーエンド接続に対応しており、場合によってはリモート接続のパフォーマンスを向上させることができます。ファイアウォールやネットワーク構成が異なると、特定の状況では QUIC 機能が機能しない場合がありますのでご注意ください。

QUICはGoogleによって導入されたネットワークプロトコルであり、レイテンシを大幅に短縮したリモート接続を提供することを目的としています。詳細は wikiページをご参照ください。

 

要件

要件:

  • Businessアプリ v.3.5.2.2 以降 (Windows、Mac、iOS)
  • ストリーマー v.3.5.2.2 以降 (Windows、Mac )
  • SOSアプリv.3.5.2.2以降(Windows、Mac、iOS)

OS バージョン:

  • Windows 10 以降
  • MacOS 10.15 以降

製品:

現在、Splashtop Business 、Business Pro、およびSOSでご利用いただけます。

 

はじめに

QUICを有効にすると、リモートセッションを確立するときにBusinessアプリはQUIC接続を試みるベストエフォートになります。ファイアウォール/ネットワーク環境が異なるためにQUIC接続できない場合には、リモート接続は通常のリモート接続と同様にリレーサーバーを利用します。

無人アクセスの場合:

Businessアプリのコンピューターリストのコンピューター右側にある歯車アイコンをクリックします。QUICをオンにするための項目があります。
QUIC_1_ja.png

有人アクセスの場合:

  • Windowsデバイスでは、SOSリモートセッションを確立する前に、「ファイル」⇒「オプション」⇒「詳細設定」から「Enable QUiC for attended(SOS)sessions」にチェックを入れてください。
    QUIC_2_ja.png
  • Macデバイスでは、「Splashtop Business」⇒「環境設定」⇒「詳細設定」から設定できます。
  • iOSデバイスでは、「設定」⇒「最適化」から設定できます。

 

リモート接続で使用されている接続がQUICかどうか確認する方法

  1. リモートセッション中、ツールバーの目のアイコンにある「パフォーマンスステータス」をクリックします。
    QUIC_3_ja.png
  2. ステータスウインドウにある、「 接続の種類」からご確認ください。
    QUIC_4_ja.png

 

QUICに対応するようにルーター/ファイアウォールを構成する方法

基本的には、ローカル側とリモート側の両方、および各側のインバウンドとアウトバウンド 両方のルールに対して、UDP接続は次の範囲内で許可される必要があります。 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています