画面キャプチャオプション-Mac ストリーマー

フォローする

Mac用のSplashtopストリーマーv3.3.8.0から追加された新しい代替キャプチャオプションについて
ご紹介します。既定のキャプチャオプションは、CPUの負荷が高い読み込みやアプリケーションウインドウに空白の画面が表示される等の問題が発生した場合に画面の表示をサポートします。リモートセッション中に
キャプチャオプションを変更した場合、変更を有効にするには切断してから再接続する必要があります。

macstreamerscreencap_ja.png

既定

新しい既定のキャプチャオプションでは、次のような問題が修正されます。

  • ヘッドレスシステム (モニタが接続されていない) では、ウィンドウが何も表示されていないか、何も表示されていない場合があります。
  • リモートセッション中に一部のアプリを使用すると、アプリウィンドウ (またはリモートウィンドウ全体) がちらつきます。
  • CPU の負荷を軽減します。

代替

既定のキャプチャオプション使用時にリモートウインドウや一部のアプリケーションに空白の画面が生じる等表示上の問題が発生した際に、代替キャプチャオプションはバックアップを元に画面を表示する機能です。
(動作保証外です)
基本的には既定のキャプチャオプションを使用することをお勧めします。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています