Service Deskのコンソールと一般的な使用方法

Service Deskは、ユーザーが有人セッションを監視・管理するため機能だけでなく、ユーザーのワークフローを強化する機会も提供します。有人でのリモート接続を開始する際に、エンドユーザー側から生成される新しい9桁のコードを利用せずに接続できます。

要件

  • Splashtop Enterprise Cloud 技術者ライセンス

  • Businessアプリ バージョン3.4.8.4以降

  • ユーザーアカウントがこの機能を使用できるようにするには、技術者の役割であるクイックサポート接続機能(SOS)が有効である必要があります

Service Deskのコンソールへのアクセス

Webコンソール(my.splashtop.com/my.splashtop.eu)またはビジネスアプリのいずれかからService Deskコンソールに入ることができます。

Webコンソールから:
Webコンソール(my.splashtop.com/my.splashtop.eu)にログインすると、Service Deskが別のタブとして表示されています。

mceclip0_en-us.png

Businessアプリ:
「Service Desk Console」ボタンをクリックするか、「Service Desk」タブに移動します。

  • Windowsユーザー:
    mceclip1_ja.png
    mceclip2_ja.png
  • Macユーザー:
    mceclip3_en-us.pngmceclip4_en-us.png

 

Service Deskコンソール

Service Deskに入ると、左側に ホーム チャンネル があります。

mceclip5_en-us.png


ホーム

ホームでは、自分に割り当てられているすべての出席済みセッションが表示されます。


チャンネル

サービスデスクでは、「チャネル」は、ユーザーやコンピュータでのグルーピングのような集団化の概念に近いものです。


セッション

セッションでサポートセッションを監視および管理できます。

新しいセッションを作成するには
「新しいセッション」をクリックすると、チャンネル内に新しいサポートセッションを作成し、そのリンクをエンドユーザーと共有することができます。

mceclip6_en-us.png

 

招待リンクを共有するか、6桁のPINコードを共有するかを選択します。

servicedesk_link_ja.PNGservicedesk_pincode_ja.PNG

リンクを使用すると、エンドユーザーはアプリをダウンロードして起動できます。

servicedesk_download_ja.PNG

 

mceclip9_en-us.png

エンドユーザーがサポートアプリを起動すると、セッションのステータスが「Waiting 」から「Active 」に変わります。

mceclip10_en-us.png

mceclip11_en-us.png

セッションが「Active 」になったら、技術者は「Start Remote Session 」をクリックして接続許可を要求できます。

mceclip12_en-us.png

mceclip13_en-us.png


技術者が許可を要求した後、エンドユーザーは以下のようなポップアップを確認後、接続を拒否するか許可するかを決定します。

mceclip14_en-us.png

エンドユーザー側では、許可すると以下のように表示されます。

mceclip15_en-us.png

ユーザーが許可すると、「リモートセッションの開始」のアイコンmceclip16_en-us.pngが次のように変わります。

mceclip17_en-us.png :技術者がユーザーに接続できることを意味しています。

技術者は「リモートセッションを開始する」をクリックして接続を開始できます。

mceclip18_en-us.png


アクション

アクションでは、「リモートセッションの開始」以外にも、以下のようなアクションが可能です。

  • Transfer:他の技術者または別のチャネルにセッションを転送することができます。

mceclip19_en-us.png
  • 技術者の割り当て:サポートセッションに技術者を割り当てたり、再割り当てをします。
  • 転送:セッションを別の担当者、または別のチャネルに転送します。

  • 他の技術者を招待する:サポートセッションに他の技術者(最大 2 名)を招待します。(最大で合計 3名の技術者)
  • セッションリンクのコピー/ PIN Codeを表示

  • リリース: セッションに割り当てられた技術者を解放します。
  • Close: セッションを閉じます。
  • Delete: チャネルからそのセッションを削除します。

servicedesk_sessionOptions_ja.PNG

 

セッションの状態

mceclip21_en-us.png

  • Waiting: 新しいセッションリンクが生成された直後に、ユーザーが固有のリンクから Service Desk サポートアプリ をダウンロードして実行すると、ステータスは「Waiting」になります。

  • Active:エンドユーザーのコンピュータでService Deskのサポートアプリが起動し、このセッションには技術者が割り当てられており、技術者が接続許可を要求する準備ができている状態のときに表示されます。

  • In queue:セッションが解放され、技術者がセッションを受けるのを待っている状態です。

  • Expired:セッションがチャンネル設定で設定された「セッションの有効期限」を過ぎてしまったときに表示されます。

  • Closed:技術者が手動でセッションをクローズしたときに表示されます。これ以上の接続はできません。再度接続するには、新しいセッションを生成する必要があります。

 

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています