Android端末での入力方法

フォローする

Androidプラットフォーム上の入力メソッドフレームワークはかなりオープンです。多くのサードパーティの実装があり、そのうちのいくつかはSwiftKeyのようなAndroidユーザーの間で非常に人気があります。さまざまな実装や複雑な状況のため、私たちはそれらのほとんどをサポートし、Splashtop との互換性を保つために最善を尽くしています。

この目標を達成するのがさらに難しくなる追加の状況があります。

  • 国際キーボードでは、CJK 言語のように、1 つの単語が複数のアルファベット文字をタップして構成される場合があります。
  • Swype のように、正しく動作するために予測が必要な入力メソッドもあります。

 

全体的に、上記の状況を克服するために、Androidデバイス上のネイティブアプリのようにアプリをより一般的に実装したいと思います。つまり、ローカルアプリでどのように動作するか、リモートコンピュータに入力しようとしたときにどのように動作するかということです。そこで、シミュレートされた入力ボックスを実装しました。これは、リモートカーソルの横に表示される入力ボックスです。その入力ボックスは、入力メソッドからの出力を受け入れます。したがって、上記の制限を克服することができます。

 

しかし、解決策は完璧ではありません。これは、リモート側で入力しようとしているものがネイティブアプリのようなパスワードである場合に特に当てはまります。私たちのクライアントアプリにはそのコンテキストがないため、テキスト入力キーボードも呼び出されます。もちろん、私たちはこれを解決することに取り組んでいます。将来的には、クライアントアプリがリモート側にどのような入力フィールドがあるかを知ることができるようにする新機能を導入する予定です。したがって、パスワード入力ボックスの場合、クライアント側もパスワード入力キーボードを使用します。これがいくつかの関連する問題を解決することを願っています。

 

また、テキスト入力に関しては、クライアント側の予測や先頭文字の大文字化などを せずに 直接リモート側に入力したい方のために、通常は入力メソッド自体にユーザーが微調整するための設定があります。以下に、これらの一般的な入力方法の一部で、このような設定を構成する方法を示すいくつかの例の例を挙げています。

  • Androidの在庫キーボード

android_keyboard.png

 

  • Googleキーボード:

google_keyboard.png

 

  • グーグルピンイン:

Google_Pinyin_2_.png

 

  • iWnn IME:

IWNN_IMe.png

 

  • タッチパル:

TouchPal_keyboard_v5.png

 

  • A.I. タイプキーボード:

A.I.TYPE_Keyboard_free.png

 

  • スマートキーボード:

SMART_Keyboard_Trial.png

 

  • XT9 テキスト入力:

xt9_Text_Input.png

 

  • マルチリングキーボード:

Multling_Keyboard.png

 

  • スライドイトキーボード:

Slideit_Free_Keyboard.png

 

  • ハッカーのキーボード:

hacker_s_Keyboard.png

 

  • シメジ:

Simeji.png

 

  • 完璧なキーボード:

Perfect_Keyboard_free.png

 

  • 親指キーボード:

thumb_keyboard_4.png

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています