iOS ジェスチャー入門(iPad、iPhone)

iPadまたはiPhoneで初めてリモート接続を行うと、最初にヒント画面が表示されます。
この画面には、Splashtop セッション中に使用できるさまざまなスクリーンコントロールアクションが表示されます。一部のジェスチャの機能は、iPadとiPhoneのどちらを使用しているかによって異なります。
すべての「ヒント」画面を以下に示します。

 

iPad の場合:

iPadHintsGesture_ja.png


iPhoneの場合:

iPhoneHintsGesture_ja.png

以下のリストは、基本的なiPadとiPhoneのジェスチャについて説明しています。
以下の記載通り、iPhoneではいくつかのジェスチャの動作が異なります。

 

  • タップ: マウスの左クリックに相当します。
  • 長押し (長押し): マウスの右クリックに相当します。
  • 1 本の指でドラッグ:
    • iPadでは、1 本指のタップアンドドラッグジェスチャを使用して、
      テキストを選択したり、スクロールバーをドラッグしたりできます。
    • iPhoneでは、1本の指でタップアンドドラッグして、目的のファイルを
      ドラッグアンドドロップしてファイルを移動できます。またはスクロールバーを操作できます。
  • 2本指タップ:トラックパッドモードを切り替えます。
    トラックパッドモードは、ラップトップコンピュータのトラックパッドのようなものです。 iPadの画面上で指を動かすと、必要に応じて左クリックまたは右クリックする機能を使用して、マウスをどこにでも移動できます。
  • 2本指のドラッグ:ウインドウをスクロールします。
  • 3本指のドラッグ:iPad では、ズームインされている場合、3 本指でドラッグすると画面全体がスクロールされます。たとえば、キーボードが開いている場合、キーボードによってブロックされているものを表示できます。
  • 2 本指ピンチズーム: 拡大/縮小します。
  • 2本指のピンチアンドドラッグiPadで画面をパンするための3本指のドラッグ(上記参照)と、同じ機能を備えています。 iPhoneでは、パンは1本指のドラッグで行うことができます。
  • 3本指タップ:3本指でタップすると、ビデオモードの調整、ディスプレイの切り替え、その他のオプションを可能にする高度なコントロールが表示されます。詳細は、こちらをご確認ください。

デフォルトでは、リモート接続を開始するたびにヒント画面が表示されます。 「続行」をタップすると画面が閉じ、リモート接続を続行できます。ただし、次回リモート接続を開始したときに、ヒント画面は再び表示されます。

※毎回表示したくない場合は、「毎回ヒントを表示」項目を【オフ】に切り替えると表示されなくなります。 (その後は、設定画面でのみ【オン】に戻すことができます。)

8人中6人がこの記事が役に立ったと言っています