キーボードショートカット

キーボードショートカットのサポートが強化され、ユーザーがBusinessアプリを使用してリモート接続する際のワークフローを最適化できるようになりました。
主な違いは、ショートカットを接続元(ローカル側)または接続先(リモート側)のどちらに適用するかをユーザーが決定できるようになったことです。

要件

  • Splashtop Businessアプリのv3.5.4.0 以降

利用可能なオプション

リモート接続中のツールバーの「キーボードショートカット」には、4 つのオプションがあります。「Splashtopショートカットを有効にする」、「システムショートカットを有効」、「入力解除の
ショートカットを有効にする」、「ショートカットのCmdキーを再度マップする」です。

MacKeyBoardShortCuts-_ja.JPG

「Splashtop ショートカットを有効にする」「システムショートカットを有効にする」オプションにチェックを入れると、ショートカットがローカル側に適用されます。チェックを外すと、ショートカットがリモート側に適用されることを意味します。

「入力解除のショートカット」の場合、オプションにチェックを入れると有効になり、チェックを外すと機能が無効になります。

「ショートカットの Cmdを再度マップする」の場合、オプションにチェックを入れると有効になり、オプションのチェックを外すと機能が無効になります。

キーボードショートカット オプションにチェックを付けた場合 オプションのチェックを外した場合
Splashtopショートカットを有効にする  Splashtopのショートカットは接続元(ローカル側)で動作します。 Splashtop のショートカットが接続先(リモート側)で動作します。
システムショートカットを有効にする システムのショートカットは接続元(ローカル側)で動作します。 システムのショートカットが接続先(リモート側)で動作します。
入力解除のショートカットを有効にする 入力解除のショートカットを【有効】にします。 入力解除のショートカットを【無効】
にする
ショートカットのCmdキーを再度マップする Cmdキーのショートカットの
再マップを【有効】にする
Cmdキーのショートカットの再マップを【無効】にする

 

Splashtop ショートカットについて

Splashtop のショートカットは、アプリのメイン画面とセッション画面で使用できる便利なキーボードショートカットを提供しています。
ご利用いただけるショートカットはこちらをご確認ください。

システムショートカットについて

Mac&Windows で最もよく使われるシステムショートカットをいくつかまとめましたので、ご利用ください。
これらのショートカットは、ワークフローに合わせて接続先(ローカル側)コンピュータまたは接続先(リモート側)コンピュータのどちらで動作するかを選択できます。

Mac

ショートカット

動作

Command + Tab

アプリを切り替える

Command + H

ウインドウを非表示

Command + M

アクティブなウインドウをを最小化する

Command + `

ウインドウを循環する

Command + スペース

スポットライトメニューを開く


Windows

ショートカット

動作

Alt + Tab

アプリを切り替える

Shift + Alt + Tab

アプリを逆に切り替える

Windowsキー + D

デスクトップの表示と非表示

Windowsキー + M

すべてのウィンドウを最小化する

Windowsキー + Shift + M

デスクトップ上の最小化されたウインドウを復元する

Windowsキー + Tab

タスクビューを開く

 

入力解除のショートカットについて

このショートカットは、マウス& キーボードのフォーカスを Splashtopアプリの外に移動させることができます。すべての入力はリモートウインドウから解除され、すべてのショートカットはローカルコンピュータ上でのみ機能します。

ショートカット

動作

control + Command (Mac)

Ctrl + Alt(Windows)

マウスとキーボードの入力を離します。

(ショートカットはローカルコンピュータで動作します)


使用例:
Windows ユーザーのローカルPC上のアプリを切り替えるには、

Windowsの場合、Alt +Tabを使用してアプリを切り替えることができます。Windows コンピュータから Windows コンピュータに接続している場合は、Alt + Tabを使用してリモートPCでアプリを切り替えることができます。
入力解除のショートカットを使用すると、Alt + Tabを使用してローカルPCでアプリを切り替えることもできます。

1.入力解除のショートカットがチェックされていない場合、Ctrl + Altを押すと、リモートPCでアプリを切り替えることができます。
2.「入力解除のショートカットを有効にする」のオプションにチェックを付けて【有効】にします。

keyboardshortcut2_ja.png


3.入力解除のショートカットキー Ctrl + Alt を押すと、リモートセッションがグレーアウトし、ローカル側にも操作が適用されることを示します。

keyboardshortcut3_ja.png
(グレーアウト表示)

keyboardshortcut4_ja.png
(グレーアウト表示されていません)


4.Ctrl + Altを押すと、リモートコンピュータではなく、ローカルコンピュータのアプリを切り替えることができます。

ショートカットのCmdキーを再度マップする

Business アプリをv3.5.4.0 に更新し、クロスプラットフォーム接続 (Windows ⇒ Mac または Mac ⇒ Windows) の場合のみ、controlキーとCommandキーを再マップできます。

KeyMapping_ja.png

ショートカットテーブル
以下のショートカットと完全に一致するものを再マップします。

 

MacOS(接続元) Windows(接続先)
すべて選択 Cmd + A Ctrl + A
コピー Cmd + C Ctrl + C
ペースト Cmd + V Ctrl + V
元に戻す Cmd + Z Ctrl + Z
カット Cmd + X Ctrl + X
保存 Cmd + S Ctrl + S
検索 Cmd + F Ctrl + F
印刷する Cmd + P Ctrl + P
ファイルを開く Cmd + O Ctrl + O
新しいウインドウを開く Cmd + N  Ctrl + N
ウインドウを閉じる Cmd + W Ctrl + W
新しいタブを開く Cmd + T Ctrl + T


 

Windows(接続元) MacOS(接続先)
すべて選択 Ctrl + A Cmd + A
コピー Ctrl + C Cmd + C
ペースト Ctrl + V Cmd + V
元に戻す Ctrl + Z Cmd + Z
カット Ctrl + X Cmd + X
保存 Ctrl + S Cmd + S
検索 Ctrl + F Cmd + F
印刷する Ctrl + P Cmd + P
ファイルを開く Ctrl + O Cmd + O
新しいウインドウを開く Ctrl + N Cmd + N 
ウインドウを閉じる Ctrl + W Cmd + W
新しいタブを開く Ctrl + T Cmd + T


Macコンピュータから Windows コンピュータにリモート接続する場合は、commandキーがControlキーとして再マップされます。つまり、command+ Cまたはcommand+ Vは、リモート接続先のWindowsコンピュータではcontrol + Cまたはcontrol+ Vとして機能します。

Windows コンピュータから Mac コンピュータにリモート接続する場合はcontrolキーがCommandキーとして再マップされます。つまり、control+ Cまたはcontrol+ VはリモートMacコンピュータでcommand+ Cまたはcommand+ Vとして動作します。

 

 

false
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています