キーボードマッピングを使用してキーボードを再調整する方法

リモート接続中、文字で入力された大文字で表示される場合や、文字が全く入力されない場合があります。

対処方法

1. コンピュータに接続し、画面上部のツールバーにある「操作」アイコンをクリックします。

Windows:

actionsicon_ja.png

Mac:

mac_toolbar_ja.png

次に、「キーボードマップ」を別のオプションに変更して、改善されるかどうか確認します。
このデバイスのキーボードに基づく」に設定されている場合は、「リモートデバイスのキーボードに
基づく
」に変更してください。「リモートデバイスのキーボードに基づく」に設定されている場合は、
このデバイスのキーボードに基づく」に変更して、違いがないか確認してください。

  • このデバイスのキーボードに基づく:Businessアプリ側のキーボード(リモート接続元コンピュータ)
    に対応したタイプ
  • リモートデバイスのキーボードに基づく:ストリーマー側のキーボード(リモート接続されている
    コンピュータ)に対応したタイプ

Windows:

Windows_keyboard_mapping_ja.png

Mac:

2. どちらかのコンピュータ、または両方のコンピュータの再起動を行います。

3.再起動しても問題が解決しない場合は、ストリーマーのバグが原因である可能性があるため、ストリーマーをアンインストールして再度インストールすると問題が解決する場合があります。下記のリンクからアンインストールとインストールを行ってください。

アンインストールリンク
インストールリンク

4. それでも問題が発生する場合は、どちらかのコンピュータ、または両方のコンピュータでキーボード接続を取り外してから、再度接続してみてください。

17人中2人がこの記事が役に立ったと言っています